やっぱり電子書籍はKindle一択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
kindlepaperwhite
スポンサーリンク
336×280広告

やっぱり電子書籍はKindleだと思った

以前の記事でKindleとiPad Air2で電子書籍を読むにはどっちが良いかなんてのを書きました。

電子書籍便利!kindleとiPad Air2どっちが良い?
電子書籍は俺の読書スタイルを大きく変えた 私は小さい頃から本が好きで、ジャンルは問わず色々読んでいました。 小学生から中学生の頃なんかは、ゲームブックなんかが流行ったりしていて、当然俺も良く読...
他の電子書籍サービスが正直ビミョ~であることも主張しました。

7/1には富士通の電子書籍サービスであるBooksV予想通りサービスを終了しました。

これまでの購入累計額はhontoポイントで返却ってことみたいですが、以前なんだこのクソ電子書籍は?みたいな記事で紹介した大日本印刷系で利用できるポイントです。

大日本印刷が出す電子書籍「honto pocket」ってどうなんだ?
新しいタイプの電子書籍 この記事で電子書籍すっげー!最高に便利だわと騒いでいた私ですが、去る12/2に大日本出版から、新しいタイプの電子書籍がラインナップされました。 一応大日本印刷の該当...
もうね、結果的にどうしようもない負け組路線ってことですね。

となると、やはり電子書籍を利用するならKindle一択だと思うわけですよ。

本当は日本の企業にもっともっと頑張って欲しいのですが、こう様々な会社が統一性の無い独自路線のサービスをだしまくっている現状として、安心して使える日本企業の電子書籍サービスなんてのはやっぱり夢なんだと感じます。

一方Kindleはと言えば、適度なタイミングでポイント還元セールなんかをやってくれ、書籍の購入金額の50%がAmazonポイントとして受け取れるようなイベントがあったりします。

ちょっと前にもそのタイミングで5万円ほど分の欲しかった書籍をいっぺんに購入しまして、まああと半年は読む本には困らない状況となりました。

んでもって25000ポイントほどのAmazonポイントが手に入り、これを使って嫁が欲しかった日用品などを買いまくるという状況でございます。

密かにKindle Voyage買おうかな~なんて思っていたのですが、言い出せば邪眼で睨まれるのは必至ですから、そこは黙っておきました。

せっかくのAmazonポイントがクイックルワイパー ドライシート 40枚入に変換されても、小学校にあがって成長した長男用の男児水着に変わっても、文句は言いません。

ただ、私の大好きな五木食品 アベックラーメン20袋入りを購入してくれたことは、かなり高く評価します。

こんな上から目線な発言はここでしかできませんが。

新型のKindle PaperWhiteはどうなん?

まず、私の大失敗からの教訓で、前回の記事でも触れましたが、絶対にキャンペーン情報無しを選ぶべきです。

とりあえずこれは大前提ですな。

で、旧タイプとの違いはってーと、解像度が300ppiになって、画面色がより白くなったことぐらいです。

背景がより白になることによって、文字の読みやすさがアップするか?てーと、そんなことないので、白くなったことによる恩恵は解像度も上がったことも併せて、マンガを読む人の場合って感じでしょうか。

他はまあ変わってません。

むしろページ送りなどのスピードが遅くなったという報告が散見されるくらいです。

お金持ちならばKindle Voyage Wi-Fi一択なんですが、やはりコストパフォーマンスでどうしてもKindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fiに軍配が上がります。

これも前の記事でも言いましたが、3Gは絶対にいらない

全てのモデルを比較しても、私のオススメはやっぱりPaperwhiteですね。

私の場合はKindleでは文庫本系しか読まないので、正にこれでじゅうぶんって感じ。

やはり電池持ちがもの凄く良いのが一番の理由でしょうか。

新型のPaperwhiteはじゅうぶん買いです。

迷っているなら買っちゃえ!というレベルはしっかりありますよ。

最近Kindleで読んだ本

さて、ここはものすごく個人的なお知らせの場ですよ。

私は書評を書くような偉い人間じゃないので、てきとーに読み飛ばしてくれて結構です。

一般的な評価は置いておいて、個人的に楽しかったかどうかだけです。

気になっている本があったら、ちょっと見ていってください。

獣の奏者 5冊合本版


以前から本屋大賞をとっただの、すごく面白いよと評判だったのは知っていたのですが、なんかファンタジーな感じで若い人向けなんでしょ?的に思っていたのですが、セールの時になんとなくポチってしまいました。

実質半額で買えるとは言え、3,300円もするもんをポチっとボタン一つで買えてしまうシステムは怖いですね。

普通の本屋だったらかなり悩んでいたはずです。

ちょうど昨日の夜(7/1)に読み終えたのですが、結論としてはものすごく面白かった

作者の言いたい事が主人公を通してもの凄く伝わってきて、主人公の人生観、正しいと思うことと現実とのギャップ、生きるということ、様々なことを考えさせられる物語でした。

読み終わった後に、Kindleを閉じて自分だったらどうなんだろうと、ベッドの上でしばらく考え込んでしまいました。

本当に良い本に出会えたな、ポチって良かったな、子供がもう少し大きくなったらぜひ読ませようと思いました。

祝山

ジャンルはホラー。

なんで買ったかというと、なんとなくホラーが読みたくなって、レビューを見たらそこそこ高い評価だったから。

結論は、う~ん微妙

作者の体験した実話を元にした作品で、とある廃墟に肝試しに行ったメンバーが次々とおかしくなっていき、相談された作者が巻き込まれるってお話。

なんかね、文章がしょぼい。

この人本当に物書きなの?って思うような文章だった。

怖さも微妙で、お!?なんか盛り上がってきたな、こっから怖くなるんだろ?ん?ん~?あれ?って感じでしぼんできて気が付いたら終わってたって感じ。

なんでレビューで評価高いのかよくわかんない。

200円ちょいで読めたからまあ良かったかな。

隣の家の少女

アメリカのインディアナ州史上最悪と評された、実際にあった虐待事件を元にした作品。

結論は、うん、まあ面白かったよ

レビューを見ると酷すぎて売っただの、1週間は立ち直れないみたいなこと書いてあるから、どんだけすげーんだ?と思って読んだら、いや、そこまで言う程か?ってレベル。

期待しすぎちゃったのかな?

確かに虐待の内容なんかはとっても酷いし、うつな時に読んだらかなりどん底へ突き落とされるような気分になっちゃうんだけど、健常な状態で読んだ場合は、酷い惨い可哀想とは思うけど、立ち直れない程でも無い。

むしろ作者の文章力や表現力に感心しちゃった。

これ面白いよ!って人にスゴく勧められるもんじゃないけど、気になっているなら読んでみても良いと思う。

実際にこういう事件があったんだってことを念頭に置いて、登場人物がどういった心理でこういう行動したんだろうとか考えながら読むと、人間って生き物の複雑さが見えてくる。

こんな酷いことするのも人間なんだけど、夜空に輝く星々にキレイな名前をつけたのだって同じ人間なんだよな~なんて考えながら読み終えた。

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です