気をつけて!スマホゲーの無料ガチャや石配布は運営の罠ですよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 34

皆さんはスマホなどでゲームはされますか?
よく広告などで、「今なら石1000個プレゼント!」とか「毎日10連ガチャ無料!」とかの見出しをよく見かけますよね。
私はこれらのゲームはあまりしません。
課金地獄に陥るとめちゃくちゃ怖いですからね。
私のサラリーマン時代の同僚にも、月に10万とか20万課金している奴もいて、そのお金があったらPS4とか買った方が面白いゲームできるんじゃない?とか思ったものですが、それとこれとは別だという回答が返ってきました。
何が彼をそこまでさせるのでしょうか。
まあ自分のお小遣いでやってる分には誰にも迷惑をかけておりませんから、全く問題ないんですけどね。
でもこれが家計を圧迫したり、別に支払うべき費用に手をつけてしまったりすると大変ですよね。
実際にそういう方が結構いらっしゃるとのことなのですが、なぜそうなってしまうのでしょうか。

それらのソーシャルゲームは、もちろん課金しなくても遊ぶことはできますので、無課金や微課金という人々がいるのも事実です。
割り切って上手に遊んでるという点では、なかなか賢いですよね。

さて、冒頭で書きましたが、「今なら石1000個プレゼント!」とか「10連ガチャ無料!」というフレーズ。
課金している人にも無課金の人にも非常にお得な文句ですが、実はこれ、かなり巧妙な罠なんです。

さて、どういうことでしょうか。

スポンサーリンク
336×280広告

連続強化と部分強化

みなさんはこの「連続強化」と「部分強化」という言葉をご存知でしょうか。
心理学用語の一つです。
ご存知の方も多くいらっしゃるでしょうね。
今回の記事はご存知ない方のための記事なので、ご存知の方はサラッとスルーしていただいて結構です。

難しい定義などを書いてもよくわからなかったりしますので、具体的な実験例によって説明したいと思います。

お猿さんに「ボタンを押すと餌が出てくる機械」を与えます。
これはそのままですが、ボタンを押すとエサが出てくる装置です。
お猿さんはお腹が空くとボタンを押してエサを出して食べます。
それを学んだお猿さんは、お腹がすくとボタンを押してエサを出し、お腹がいっぱいになるまでボタンを押し続け、お腹がいっぱいになったら機械の前から去っていきます。
そしてまたお腹がすいたら機械の前にやって来て、ボタンを押してエサを出して食べます。
エサが無くなってボタンを押してもエサが出てこなくなると、機械に興味を示さなくなります。
これを、連続強化と言います。

さて、今度は「ボタンを押すとエサが出てくる時と出てこない時がある機械」を与えます。
これもそのままですが、ボタンを押してエサが出てくる時もあれば、出てこない時もあります。
エサが出てくる経験をしたお猿さんは、お腹がすくと機械の前に来てボタンを押します。
エサが出てくれば良いですが、出てこない時もあります。
そうなるとお猿さんは、何度も何度もボタンを押してエサを出そうとします。
このエサが出てくる確率を「普通に森にエサを探しに行った方が確実にエサが食べられる確率まで下げても」ボタンを押し続けるようになります。
一日中狂ったように押し続けます。
これを、部分強化と言います。

部分強化の方がハマるんです。

ガチャはまさに部分強化

もうおわかりですよね。
ソーシャルゲームのガチャというのは、まさにこの部分強化なんですよ。

無課金で貫くつもりでいても、冒頭に書いた「今なら石1000個プレゼント!」とか「毎日10連ガチャ無料!」という一見太っ腹な運営の大サービスに思えるキャンペーンなどで、「当たる快感」を植え付けられているんです。

一度だけでなく二度三度と、超絶レアキャラなどが当たる快感を教え込まれたユーザーの中で意志の弱い人などは、この部分強化というものに完全にハマり、最初は課金するつもりがなくても、ガチャを回したいが為に課金するようになるんです。
「俺は無課金でやるもんね〜」と言っていても、いつの間にか「ちょっとくらい課金しちゃおうかな。1000円だけ!」などと言って微課金したりするわけです。
1000円というハードルを超えてしまうと、次は2000円というハードルもこえやすくなります。
お次は3000円、4000円……といった具合に、無課金からだと非常に高いハードルの4000円も、3000円をクリアした人から見たら、低いハードルになります。
運営はこれを狙っているんですね。

何か不具合があった時にごめんなさいの意味で提供される「詫び石」などもそうですよね。
部分強化地獄にハマるようにガチャを引かせるんですよ。
麻薬の売人と同じ手口ですね。
最初は「痩せる薬」として麻薬を安い値段で与え、常習化させてから儲ける。
無料配布の石1000個や無料10連ガチャは、この「痩せる薬」と一緒です。

もちろん意志の強い方もいますから、どんだけ無料石を配られようとも、毎日10連無料ガチャが引けようとも、課金せずにゲームをできる人もいっぱいいます。
しかし子供などはどうでしょうか。
まだまだ発達途中の子供達は、大人に比較した場合、意志力というのはやはり相対的に弱いでしょう。
だから、子供にスマホを与えるにしても、決してソーシャルゲームだけはやらせてはいけないんです。
「無課金でやるなら良いよ」と言って許可したけど、いつの間にか両親のクレジットカードで課金してたなんて話がありますが、これもある意味仕方がないんです。
大人の用意した悪い罠に引っかかたんですから。

結論

ガチャがゲーム中の大きなウェイトを占めるソーシャルゲームは、最初からやらない。

もうこれしかないですよね。
はっきり言ってソーシャルゲームの多くは、ゲームとしてのクオリティはそれほど高いものはあまりないと感じています。
何年も前に出たNintendoDSやPSPのゲームの方がなんぼも面白いものがあると思います。
中古だし過去の機種だから本体もソフトも安いのが多いですよね。
ソーシャルゲームに課金するお金で、ゲーム機本体とソフトを買ってきた方がずっと楽しいゲームライフを送れるんじゃないかなと思うのですが、いかがでしょうか。

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください