【電子書籍】電子ペーパー・E inkとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
kindlepaperwhite
スポンサーリンク
336×280広告

電子書籍を快適にした電子ペーパー

電子書籍を否定される方々の中に、「液晶は目が疲れるから嫌だ」とおっしゃり、電子書籍を利用しない理由の大きな要素として挙げる方々が多くおります。

液晶は目が疲れるってのは、いやほんと、その通りだと思います。

スマホなんかを使っていてもそうですが、特に暗い中で使う場合はバックライトのせいか、目にダイレクトに光をあてられるので、非常に目が疲れます。

しかもブルーライトが目に悪いとも言われていますから、日ごろ仕事などでPCの液晶画面を長時間見続けている人間にとっては、読書の時くらいブルーライト無しにしたいというのは当然だと思います。

私自身もそう思っておりますよ。

そんな中でも私が電子書籍を勧めるのは、「電子ペーパーなら目に優しい」からなんですよ。

専門家みたいな方でもたまに間違えて認識されているようですが、電子ペーパーは液晶じゃありません

もちろん有機ELとも違います。

Kindle はE inkを使った電子ペーパーです。

電子ペーパーとは

紙と同じような感覚で利用できる、極薄の表示装置です。

電子書籍で利用されている技術では、E inkが有名で一般的でしょう。

KindleもこのE inkの技術を利用した端末です。

大事な事は、眼疲労のある液晶などと違うものだという事です。

E inkとは

Kindleで使用されている、E inkというものですが、これは電子ペーパーの一種です。

液晶などの「発光型ディスプレイ」やLCDがバックライトで照らすのに対して、E inkは「反射型ディスプレイ」であり、太陽光などの周囲の光を利用します。

要するにE inkではバックライトが無いんです。

従って長時間読んでいても眼精疲労になりにくいんです。

電子ペーパー内には、白黒2色の粒子を毛髪の直系程度の大きさのナノカプセルに閉じ込めたものが入っています。

白黒の粒子はそれぞれ正負に帯電しており、正の電圧を印加させれば白が浮き上がり、負の電圧を印加させると黒がうきあがるという仕組みです。

E inkの公式動画を引っ張ってきました。

これを見ると解りやすいんじゃないでしょうか。

んじゃあこのE inkだと何が良いかって話になると、先述しましたが

目が疲れないで、紙に印刷された活字を読むような感覚で読めるんです。

結論

E inkを使っていれば目の疲れは心配しなくて良いです。

逆に言えば、スマホなどの液晶画面で、アプリを使って電子書籍を読む場合は、目が疲れるからやめた方が良いです。

ゴールデンウィークの前半の連休で、Kindle Paperwhiteを会社に忘れてきてしまい本が読めない状態でした。

仕方が無いのでiPhoneのKindleアプリで読んでみたのですが、目の疲れによって2時間読むのが限界でした。

これから電子書籍を試してみようという方は、とりあえずスマホのアプリなどで試すんじゃなくて、ちゃんとした電子ペーパーを使った端末で試してみましょう。

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です