青春時代に聞いた音楽がその人の一生を支配する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
music-back006

これまで何度かこういう話題は出ていますが、最近それを思い出して、当時聴いていた音楽を再び聴いてみたりしました。

洋ドラマのクリミナルマインドでは、14歳に聴いた音楽が最も心に残るなんてのも言っていました。

そう言えば今でも好きな音楽は、確かにこの頃聴いていた音楽ばかりです。

今では懐メロになってしまうのですが、私の中ではまだまだ現役の音楽達です。

スポンサーリンク
336×280広告

時代背景

私が誕生したのが1977年なので、14歳の頃と言えば1991年。

18歳の頃で1995年。

時代背景としては、バブル崩壊の序曲から不景気に陥ってきた頃です。

14歳の頃はまだ平均年収は上昇し続けており、18歳になる頃から世間が体感的にバブル崩壊に混迷しだしたといった印象です。

その後大学生だった1997年頃に大手金融機関が破綻に追い込まれるなど、社会的に大きなダメージがありました。

就職する頃には就職氷河期となり、多くの学生が苦戦していた思い出があります。

私の青春時代はそんな時代背景でした。

どんな音楽を聴いていたか

BOOWYやミスチル、TMN、米米クラブが印象的。

他にはアニメなんかもよく観ていたので、そのオープニングとかエンディングのテーマなんかは、どんなにマニアックなアーティストのでも忘れられません。

BOOWYのマリオネット。

髪型が完全に当時って感じで笑えますが、この曲は神。

私のやってたバンドでもコピーしました。

多分今でもとっかかりを思い出せば弾けると思う。

これはTMNのBEYOND THE TIME。

逆襲のシャアのテーマソングでした。

これもバンドで演奏したな~。

珍しく私がヴォーカルを務めた曲なんすよ。コレが。

さて、こっからちょっとマニアックな領域に。

宇宙の騎士テッカマンブレードのオープニング曲。

中二病まっさかりだった私にはこのダークな雰囲気がたまらなく好きでした。

作詞作曲して歌っている小坂由美子さんの歌唱力に圧倒され、アルバムも買っちゃいました。

実はこの「REASON」は、テッカマンブレード用に改造したバージョンで、原曲は「Feel Me In Your Bone」という曲です。

EDテーマの「Energy of Love」も名曲で、こちらは今でも一人でアコギで弾き語ってたりしますが、恥ずかしいので公開しません。

後期のEDテーマの「永遠の孤独」もやはり中2病の心にはグサグサ刺さる名曲です。

さて、コレもアニメから。

新世紀GPXサイバーフォーミュラのEDテーマの「Winners」です。

これのドラムのかっこよさが好きで、高校生の時にこの曲だけドラムの練習しました。

最初はドラムを叩きながら歌うってのが私には難しかったです。

まぁ、ここまでバリバリのジャパニーズロックな路線できていますが、実は私、フォークソングなどにもはまっており、かぐや姫やイルカ、海援隊なども聴きまくりでした。

その中でも好きなのがコレ。

作詞作曲の伊勢正三氏は、もう、本当に天才。

「なごり雪」という言葉自体、伊勢正三氏がつくった言葉なんですよね。

なんて優しい言葉なんだろうと思います。

以前心を病んだ時にこの曲を聴いて、なぜか1時間近く声を出して泣いていました。

感受性にダイレクトに働きかけてくるというのでしょうか、心にしみるとは正にこの事だと思います。

武田鉄矢氏の「少年期」です。

これも私の中ではもの凄い名曲。

ドラえもんのび太の小宇宙戦争のテーマソングでした。

やはりドラえもんの映画には武田氏の曲が一番合います。

ドラえもん原作の故藤子・F・不二雄氏は、スタッフがテーマ曲のアーティストを変えようと持ちかけた時、「ドラえもんの映画には武田鉄矢氏の曲以外ダメだ!」と、温厚な普段からは考えられないほど激昂したそうです。

私にとってドラえもんは、温かくて優しいアニメです。

その映画に、やはり温かくて優しい日本語を上手に使える武田鉄矢氏の曲はまさにどハマリです。

他の映画でも名曲はたくさんあるのですが、この少年期は特に好きな曲。

今でもしょっちゅう聴いていて、武田鉄矢氏の曲を聴くと、人に優しくなれると言うか、心からトゲトゲしたものが無くなるような感じがします。

サクっと洋楽も入れてみます。

Mr.Bigの「To be with you」です。

ヴォーカルのエリック・マーティン、ギターのポール・ギルバート、ベースのビリー・シーン、ドラムのパット・トーピーと、全てが最強のテクニックを持った最強バンドだと私は思っています。

日本でのライブもかなりの回数行きましたし、再結成してからの日本ツアーも密かに行っています。

ビリー・シーン氏のタラスや、ポール・ギルバート氏のレーサーエックスまでほぼ全てのCDをコレクションしちゃうくらい好きです。

ドラムのパット・トーピー氏が、2012年頃からパーキンソン病を患っており、あの超絶ドラムテクがもう見られないと思うと本当に悲しい。

ざっと振り返ってみましたが、まだまだ思い返すと名曲がたくさんあります。

みなさんの青春の曲はなんでしょう?

また機会をみて、紹介させていただきますね。

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です