ホームベーカリーは本当に買っても使わないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
HB
スポンサーリンク
336×280広告

買っても使わない家電ランキングの常連さん

インターネットが大事な情報源になっている昨今ですが、家電を購入する際には口コミ情報やレビューなどを参考にして、購入の決め手とされている方も多いかと思われます。

今回は、そんな中でちょいちょい目にする買っても使わない家電ランキングやら、買って後悔した家電などの記事に登場するホームベーカリーさんです。

コメントなんかを読むと、皆さんちのホームベーカリーは埃かぶったりして眠っているようですが、果たしてそういう家庭ばっかりなのでしょうか。

実はわが家にもホームベーカリーがございまして、今回は1年10ヶ月使用しての私の個人的な意見を述べさせていただこうかと思います。

買おうかな~、どうしよっかな~って悩んでいる方の助けになれば幸いです。

ホームベーカリーを買っても使わない理由

  • 準備がめんどくさい
  • パン屋で買った方がはやい
  • なんだかんだ言ってコスパ悪いんじゃないの?

という意見が多数見受けられます。

実際に私も購入前まではそう思っていました。

パン屋で買った方がはやいなんて最たる理由で、「プロが作ったもんにはかなわねーだろ」って思ってました。

コスパに関しても、「スーパー行って98円の食パンが安くてそこそこ美味いんだから良いじゃん」って思ってました。

準備だって「なんか色々計量しなきゃならんし、めんどいだろコレ」って思ってました。

購入してからこれらの考えが覆されることになったんですけどね。

わが家がホームベーカリーを購入した理由

まず、わが家がホームベーカリーを購入するに至った理由はただ一つ。

嫁が欲しがったからです。

まあ一般的な家庭でこれほど説得力があり、夫にとって抗しえない理由がありますでしょうか、いやない(反語。

妻はとってもパン好きです。

朝はエヴリモーニングパンで良い派です。

私は「う~ん、パン好きだよ。でも、お米の方が好きかな」というスタンス。

正直どっちでも良い。

で、子供3人もパン派です。

「パン作る器械ほし~!パンパンパンパン♪」というバカな子供全開で妻の味方をします。

子供の票を半人前で0.5と数えても、2.5対1で完敗です。

数の暴力です。

というわけで購入するに至りました。

購入する理由としては

  • 焼きたての美味しいパンが毎朝食べられる
  • いろいろなパンが作れるの楽しい
  • とりあえずお料理大好き
  • 買ってくるより安く済むんじゃない?

という非常に不安定な根拠に基づく理由でした。

ここで私としては、「明確な論拠となる数字を提示せずに購買行動に移るのはいかがなものか?」と言いたかったのですが、家庭を円満に、かつ「やっぱりパパ大好き!」というセリフを子供らから引き出したいという欲求から逃れられず「お、俺も欲しいと思ってたんだよね!良いんじゃねーの?今度の日曜日に電器屋にみにいくか?」と言ってしまいました。

まあこれで妻が満足してくれて、特にこれといった趣味の無い妻がパン作りを趣味にしてくれれば、それはそれで良いのです。

万が一使わなくなったら、ハードオフさんに引き取ってもらえば良いだけです。

機種選択

さて、日曜日になり、さっそく近くのヤ○ダ電機にやって参りました。

思ったよりもメーカーも種類もありますね。

評判やら機能、使い勝手の面から、Panasonic製品が良さそうです。

いろいろ種類が出ていたのですが、機種毎に何が違うかと言うと基本的な機能は一緒で、選べるメニューが多いか少ないかです。

他には「ゴパン」と呼ばれる米粉からパンを作るという機能があるのですが、この米粉をホームベーカリー本体で作るか、別途用意するかの違いです。

ちなみに、米粉をホームベーカリー本体で作れるのと、作れないのでは、当時価格で10,000円近く違っていました。

要するにホームベーカリーに米砕き機が付いているだけで10,000円も違うってこと

んなもんに10,000円も払えるか!クソボケバカ!

と考え、米粉が作れる機能は抜き。

そうなると、後はメニューが多いか少ないかだけです。

このメニューというのは、ホームベーカリーに予め設定されている作れるパンやケーキの種類です。

決められた材料を用意して、設定されているメニューから該当するものを選べば、そのパンなりケーキなりが簡単に作れちゃうよってことです。

で、このメニューを見ると、19種類のものと、21種類の、30種類といった感じで別れています。

30種類の買えばすげーいろいろなの作れて良いじゃん!と一瞬思うのですが、よくよく見ると、「いや、これ普段そうそうつくらねーだろ」ってメニューであからさまにかさ増ししているんです。

それで何千円と値段が違うんですよ。

30種類のやつで当時税込み29,000円くらいでした。

私個人としては19種類(16,000円くらい)のでええやろと思って店員を呼んで話を聞いてみようとなりました。

はい、店員来ました。

出てきた店員が最悪。

すっげーたばこ臭いし、態度が悪い。

どれが良いのか聞くと、はぁ?そんなんも知らないの?みたいな態度でした。

あまりにムカついたので、カタログだけもらって帰ってきて、Amazonで注文しました。

で、買ったのが

これ。

結局30種類のやつですよ……。

ていうかですね、家帰ってAmazon見たら、ちょうど何やらセールかなんかやっていて、これが税込み21,000円で売ってたんですよ。

ちょうど新機種になる直前だったようで、前モデルのこれが安くなってたんですね。

でも、今Amazon見たら、当時よりも高い28,000円で売ってる(笑

なんじゃそりゃ。

妻がAmazon見て、「うお!なんか上位機種だけがやけに安くなってる!」と興奮して、そのままの勢いでポチったんですよ。

まあ電器屋や他の通販サイトではやはり10,000円近くの価格差だったのに、なぜか3,000程度の価格差で上位機種が買えてしまったので、私としては文句はありません。

さて、ここからわが家のホームベーカリー生活が始まります。

ホームベーカリー買って良かったよ

結論としては、ホームベーカリー買って良かったです。

埃をかぶるなんて事は全くない状態です。

焼きたてパンはマジで美味い

これは焼きたてパンを侮っていましたね。

朝起きると丁度パンの良い匂いがしてきて、焼きたてのパンに目玉焼きと野菜とチーズとハムを挟んで、マヨネーズにちょっぴりめんつゆ混ぜて、マスタードぶっかけたサンドイッチが最強に美味い!

パン屋で買ってきたパンも美味しいですが、早朝からパン屋なんて行かないから、朝から焼きたてパンを食べるにはホームベーカリーが一番ってことですね。

もちろんスーパーで買ってきた食パンとは雲泥の差だということは言うまでもありません。

予想よりも経済的

基本的な食パン1斤の材料は

  • 強力粉:250g/75円
  • バター:10g/32円
  • 砂糖:17g/29円
  • スキムミルク:6g/10円
  • 塩:5g/1円
  • ドライイースト:2.8g/3円

トータルで、150円。

もちろんこれに電気代も加味されますが、うちはソーラー発電で毎月数千円のプラス収支なので気にしていません。

わが家は食パンを購入していた頃は、ヤマザキ ふんわり食パンだったのでだいたい230円くらいでした。

従って購入していた時よりも材料費だけみると80円ほどお得になっています。

その上焼きたてだから既製品よりも美味しいというわけです。

意外と準備はめんどうじゃない

と言っても、これは食パンなどの放っておけばできてしまう物に限るかも知れない。

うちの妻は夜寝る前に材料を用意して、朝起きる頃に焼き上がるようにタイマーをセットして寝ます。

材料投入して、スイッチを入れて焼き上がるのに食パンだと丁度4時間かかります。

ですから、寝る前にタイマーでセットしておくんですね。

その時準備ににかかる時間はだいたい10分から15分くらいかな?

ポチッとスイッチを押して眠れば、朝起きた時には焼きたてパンができているって感じ。

準備の度に秤で量るのはちょっとメンドイかもしれませんが、忌避するほどでは無いみたいです。

色々な種類のパンも作れて楽しい

食パンなどオーソドックスな物は、材料入れてスイッチ入れたら放っておけば良いのですが、ちょっと手の込んだ物を作る場合は、オーブンが必要になってきます。

要するに、パンの生地はホームベーカリーで作って、丸めたり、具を入れたり、焼いたりするのは手作業ってやつです。

これはちょっとメンドイので、さすがに頻繁にはやりません

でも週一くらいではやってます。

先週はメロンパンを作ってました。

市販されている物よりもかなーーーーーり美味しいのができあがったので、正直ビックリしました。

また、妻オリジナル配合の「白パン」の生地作りがすごく楽になったようで、これもしょっちゅう食卓に並ぶようになりました。

埃かぶる暇も無い稼働率

うちのホームベーカリーちゃんは、稼働率がめちゃくちゃ高いです。

1週間のうち5~6日は稼働しております。

はい、ほぼ毎日ですね。

朝食はもとより、子供のおやつや、私の夜食など活躍してくれています。

誇りをかぶって稼働率が悪いご家庭は、そもそもパンをそれほど食さない家庭だからでしょうね。

わが家は朝食はほとんどパンという生活でしたので、この稼働率が維持できているのでしょう。

いろいろな種類のパンを作れば飽きもきにくいとのことです(妻談

私はさすがに毎日は飽きるので、シラスご飯や卵かけごはんをちょいちょい食べますけど……。

妻と子供らは飽きもせずにバカみたいに朝食はパンばかり食ってます。

30種類のメニューをほぼフル活用

この30種類のメニューには、お餅やジャム、コンポート、ビックリするところではあんこやうどん、パスタなども含まれます。

まあお餅は良いとして、あんこ、うどん(パスタ)なんてのはぶっちゃけいらねーし、作ったことないです

そうなるとそれら2種類を抜いた28種類は、作ったことあるんですよ。

お餅なんかは正月には子供らと粘土気分で鏡餅作ったりしてます。

実は私、かなりのお餅好きなので、お餅はしょっちゅう作ってもらってます。

ジャムやコンポートもお手軽にできますから、子供らも喜んでいますよ。

意外にメニュー使いこなしてます、はい。

材料にこだわるとかなり美味しいパンができる

実はこのホームベーカリーで作るパン。

材料にちょっとこだわると、すっごく美味しいパンができます。

まさか粉を変えるだけでここまで変わるってのは知らなかった。

なんかちょっと高い粉とかあるじゃないですか?

あれってどんだけ違うんだ?たいして違いねーだろうよって思ってました。

はい、大間違いでした。

粉が違うだけで本当に味が大きく違うんですね。

一度とにかく安い材料だけで作ってみたんですが、まあ焼きたてはそれなりに美味しいんですけど、時間が経つと不味かった……

ちなみに先ほど挙げたレシピの150円って価格は、超標準な材料での価格です。

今うちはもうちょっと凝った材料使っているので、40円くらい高い190円くらいで作ってます。

で、わが家が利用している材料屋さんを紹介します。

ぶっちゃけ大嫌いな楽天さんなので、紹介するか迷いましたが、このお店で取り扱っている商品はすごく良いので、オススメしたいと思います。
ママの手作りパン屋さん

こことっても良いです。

強力粉一つでも多くの種類のモノが揃っていますので、いろいろ試すにはすごく良い。

うちは粉関係は全てこちらで購入しています。

というか、楽天で利用しているのはここだけ。

で、ここで特にオススメなのが

これ。

ブリオッシュなんですけど、すごく美味しい。

紹介したやつは、10斤分セットなんだけど、1斤分からも売ってます。

1斤分だと220円くらいだったかな?

これはバターとか特に何もつけずに、焼きたてをそのままムシャムシャ食べるのが一番美味しい。

最初のうち感動して、毎日コレ食ってたらさすがに4日目くらいに飽きたけど(笑

今は2週に1回くらいの割合で作ってもらって食べています。

現行機種を見てみた

さて、私が購入したのは、2013年の秋頃です。

Amazon見ても今やその機種の取り扱いなんてほとんどありません。

ですから、現行製品をちょっと見てみることにします。

SD-BMT2000

基本が2斤焼きです。

選べるメニューは40種類と多いです。

たーだーし!注意して欲しいのは、この40種類ってのは大きさ違いが含まれます。

どういう事かと言うと、この機種だけ1.5斤~2斤焼けるわけです。

で、同じ食パンの1.5斤と2斤を、別のメニューとしてカウントしているので、メニューが多いので一見たくさんの種類のパンが焼けるように思えますが、実態はSD-BMT1000よりも少ない種類のパンしか焼けません!

ちょっとだけ詐欺っぽい。

家族の多いご家庭では1斤では足りないという事態になると思うので、そうなると選択肢はPanasonicだとこれだけ。

SD-BMT1000

メニューが34種類と豊富です。

2~3種類ほど、「ほとんど使わねーだろ」ってメニュー(あんことか生チョコ)がありますが、パンのメニューを見ると、やはりこれが最も充実していて、飽きずに様々なパンに簡単にチャレンジできると思います。

私も最初はたくさんのメニューなんていらない派でしたが、蓋を開けてみたら大活躍ですから、やはりメニューが大いにこしたことはないです。

ただ、価格が25,000円ほどですから、予算がそこまで無い場合は、無理にこれにする必要もないという微妙なとこ。

後から機能を追加できないですから、予算が許すならコレが一番。

コストと性能のバランスを考えるとちょっと購入に踏み切るには勇気がいるかな。

SD-BM1000

「基本的なパン作り&餅をつきたい」ってんならコレ。

これの下位機種のSD-BH1000との違いは餅がつけるかつけないかだけと考えてOK

うどん&パスタが作れるか作れないかってのもあるけど、ぶっちゃけそんなのどうでも良いと判断。

パンのタイプにあまり拘らないんだったら、コレでじゅうぶん。

ていうか、これが一番売れてるんじゃないの?知らないけど。

 SD-BH1000

おめーはパンだけ焼いてりゃ良いんだよ!餅とか余計なことはしてくれんな!という方にはコレです。

パンを焼くという基本的なお仕事は、これがしっかりやってくれます。

メニューを見た感じだと、パンのメニューはSD-BM1000と変わらないし、SD-BMT1000とも大きな差は無い。

SD-BMT1000との価格差が約10,000円ですから、これが最も価格と性能のバランスがとれているかも知れません。

4,000円~5,000円の追加で餅つき機能が付くのが安いと感じるならSD-BM1000だし、餅つき機能なんていらねーよ!!って言うのなら、コレ一択。

進化してるし値段も安くなった

わが家が購入した頃よりも、やっぱり進化してるし価格も安くなってますね。

良いか悪いか解りませんが、ここにPanasonicのサイトにあった、機種毎のメニューの有る無し表のリンクを貼っておきます。

どの機種を購入するか迷っている方は参考になるかと思います。

Panasonic ベーカリーメニュー一覧

総評

わが家としては買って良かったし、大活躍の家電です

休日なんかは子供らが妻と一緒に粘土のようにパン生地を形作って、中にチョコ入れたり、ウィンナー入れたり、チーズ入れたり、先日末娘はのりの佃煮入れたり(微妙だった)ととても楽しくパン作りしています。

最初は半年もしたら飽きてきて頻度もガタ落ちするんだろうな~とか思っていましたが、1年10ヶ月の間、ほとんどペースを落とすこと無く、焼きたてパンを提供してくれています。

買っても使わないと言っている、誇りをかぶっていると言う方々は、そもそもおそらくそれほど頻繁にパンを召し上がらない方が多いんじゃないでしょうか

そりゃどうだろって話ですね。

買おうかどうしようか迷っているのなら、基本的に1万円以上する買い物ですから、ご自身の食生活をよくよく振り返ってみてください。

パン食の頻度が高い方は経済的にも味的にもかなり満足のいく製品だと思います。

これは余談ですが、夜中に1人でホラー映画とかを観ている時に、ホームベーカリーのタイマー機能で急にパン生地をガタンッ!ガタンッ!って練り出された時は、正直ちょっぴりちびりそうでした。

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です