【初心者の】テキストエディタってなんだ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
keybord

※コーディングする人など、プログラミング用途でのテキストエディタの情報を求めてここに辿り着いた方は、今回の記事はその主旨には沿いません。今回の記事は、メールやワープロソフトを高度な事をせず、普通に使っている人達を対象とした記事です。

スポンサーリンク
336×280広告

検索するとたくさん出てくるテキストエディタ

さてさて、MacでもWinでもフリーソフト探していると必ず出くわすのがテキストエディタです。

なんかようわからんと言う人も多いかと思います。

だって説明読むと文章書くソフトってことくらいしかわからんのだもん。

検索していてよく出てくるのが、Windowsだと秀丸エディタとか、サクラエディタ。

MacだったらmiとかMacvim、Codaとかでしょうか。

OS関係無しってなると、Emacs、SublimeTextとかでしょうか。

で、更に説明読むと、HTMLの時にどうもこうの、Javaの時がどうの、ソースコードを色分けして、文法の間違いを……などなど書かれており、「なんだよ、プログラマが使うようなもんか、関係ねーな」などと思ったりするもんです。

文書を書くならWordなどのワープロソフトでじゅうぶん事足りますっていうか、テキストエディタでは文書の装飾などはできません。

だから文書書くだけだったらワープロソフトあるから良いじゃん、プログラマじゃない一般の人には関係ないじゃないのと思うわけです。

しかし!しかしです。

ふつ~~~~のプログラマでもない一般的ユーザーでも、このテキストエディタって実はとっても便利ちゃんなのです

テキストエディタとは

もうね、さんざん色々書かれている通りで、文書を編集する事に特化したソフトって事です。

だーかーら、ワープロソフトがあれば良いって言ってんじゃかよ!!って思うでしょう。

ワープロソフトの機能劣化版じゃねーかよと思うでしょう。

しかし、ちょっとそれは勘違い、というか、認識が違います。

そもそもワープロソフトってのは、テキストエディタと、DTP、アウトラインプロセッサそれぞれの機能を一つのソフトウェアにまとめた物です

このワープロソフト一つで、文書に係わる事はたいていできてしまうんです。

だから広く使われているんですよね。

ただ、やっぱりよろず指南名人無しという側面もあります。

やはり、それぞれ専門のソフトウェアの方が、圧倒的に使いやすくて便利です。

繰り返しますが、その中のテキストエディタとは、文書を編集する専門ソフトなんです。

なぜ敢えてテキストエディタを使用するのか

最初に言っておくと、私の感覚と経験からです。

  • 文章を書くことに集中できる
  • ソフトの起動や動きが軽い
  • 置換や検索がすごく楽
  • テキストデータならどんなOSや環境でも開ける

他にもショートカットがすげー楽ちんとか、追加できる機能が豊富にあって好きなようにカスタマイズできるのもあったり、マクロ使って便利にできたりとか色々あるけど、難しい事は抜きにして、とりあえずこの4つだけでじゅうぶん使う意義がありますよ。

文章を書くことに集中できる

ワープロソフトで文章書いていると、「この文をセンターに持ってこようかな?」「ここはフォントサイズ大きくしようかな」「ここに画像でもいれちゃるか」「おっと、ここの余白調整しようかな~」などなど、文書の構成やデザインが気になりません?

私はすげー気になります。

なんとなくフォントサイズいじってみちゃったりと、文章を書くことに集中できないんですよ。

これがテキストエディタだと、余計なことを考えないで、文章を書くという作業に集中できます。

ソフトの起動や動きが軽い

ワープロソフトは普段MicrosoftのWordを使っているのですが、やっぱり起動にちょっと時間かかるし、動きもキビキビサックリとはいきません。

そこにくるとテキストエディタは、起動も速いし作業中もそうそうもたつく事もありません。

やっぱり動きが軽いというのはかなり正義です。

置換や検索がすごく楽

Wordなどでも最近はだいぶ良くなりましたが、やはりテキストエディタの方がどちらをやるにしても速いし楽ちんです。

ん~、でもこれは慣れの問題もあるかもしれない。

でも、これまで貯めたテキストファイルから、特定の単語の入っている物を抽出したりする時などはやっぱりテキストエディタが便利ですね。

テキストデータならどんなOSや環境でも開ける

Wordの文書は対応するソフトウェアが無ければ開けません。

何か大事な事を記述したWord文書をクラウドに保存しておくとします。

出先でその文書の内容を知りたいと思ってパソコンを借りてクラウドにアクセスします。

しかしそのパソコンにはWordが入っていないため見られませんでしたという事も無いんです。

テキストデータであれば、だいたいどのOSでも書いた文書が開けます。

Windowsであれば、メモ帳がデフォルトで入ってますから、Macで書かれたテキストだろうが、Linuxで書かれたテキストだろうが開くことができます。

テキストファイルを基本にする事で、基本的にはどのパソコンでも文書を開くことができるのがとっても強みです。

特に私のようにMac使ったりWin使ったり、趣味でLinuxいじったりしているとテキストデータでの文書のやりとりがとっても便利になります。

ワープロソフトの文書は、それを見栄え良くデザインして、構成して、印刷するから意味があるんです。

外出時でも自宅でも職場でも、WinマシンでもMacでもスマホでもタブレットでも、それぞれのテキストエディタで文章を書いて、クラウドに保存して、必要な時に必要なマシンで必要な文書を呼び出します。

外出時でも自宅でも職場でも、WinマシンでもMacでもスマホでもタブレットでも、それぞれのテキストエディタで文章を書いて、クラウドに保存して、必要な時に必要なマシンで必要な文書を呼び出します。

文字コードとフォントさえちゃんとしておけば、ソフトウェアに左右されないこのテキストデータを便利と言わずして何と言いましょう!

そして、そのテキストデータを便利に簡単に編集できるのがテキストエディタなのです

実際の使い方

  1. 何も考えずにテキストエディタを開く
  2. とにかく文章を書くことに専念する
  3. できあがった文章をコピー
  4. ワープロソフトを起動してコピーした文章をペースト
  5. ワープロソフトで文書全体のデザイン等

という使い方をしています。

一見二度手間のように見えますが、私はこの方法の方が圧倒的に早く作業ができます。

文章を書く時は書くことに集中し、デザインやレイアウトを整える時は、それに集中してやる。

たったこれだけで仕事の能率や効率が驚くほどアップします。

私の場合は、メールなどの下書きも全てテキストエディタで行っています。

Macユーザーの為のテキストエディタ

ぶっちゃけMacにデフォルトで入っているテキストエディット.appでも良いんだけど、なんかちょっと使いにくい。

だから私はフリーのアプリ使っていますが、標準装備のテキストエディットでもじゅうぶん使えますよ。

個人の好き嫌いだけです。

ちなみにテキストエディットは、標準のままだと、リッチテキスト形式になっておりますので、テキスト形式が良いという方は、テキストエディットを起動して、環境設定の中にあるフォーマットの項目で標準テキストを選択しておけば、テキスト形式のファイルになります。

mi

Macじゃ有名なテキストエディタ。

デフォルトの設定で使ってもじゅうぶんな性能を持ってます。

文書をタブで開けるので、複数の文書をまとめて開いておくのに便利です。

使い方が複雑じゃないので、初心者にも非常に安心。

色々な機能があるんだけど、文章書くだけだったら気にしなくて良いもんばっか。

CotEditor

これも有名なテキストエディタ。

やっぱりこれもプログラマが使うような便利機能がたくさん。

だからやっぱり文章書く人は別にこれでなくてもじゅうぶん。

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です