Mac初心者の俺が使えているアプリ7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
appstor

Macを入手して最初にしたのはアプリ検索だった。
自分の中でWindowsでは最初に必ず入れる定番ソフトってのが決まっていて、新しいマシンを手に入れたらほぼ無意識でサクサクとソフトウェアをダウンロードなりして入れていた。
んで、Macを購入してさ〜てと思った直後に気づいた。

どのソフト入れたらいいんだろ……

まずは圧縮解凍ソフトだろ、ランチャーも必要だし、窓の手みたいなのも欲しいし、簡単に使える画像編集ソフトも欲しい、メモリ解放ソフトだって必要だし〜、あ、そういえばofficeも……でも、それぞれのソフトってどれ使ったらええのん?

てな具合に途方にくれていた。
ま、当然ググりますわな。
「Mac オススメ アプリ」
てな感じで検索しました。
そしたらまあ、出てくるわ出てくるわ。
色々なサイトさんで、様々なアプリを紹介しているんですわ。
同じ圧縮解凍ソフトでも紹介するサイトさんで違うんですよね。
まぁ、使いやすいとか使いにくいとかは人それぞれですからね。

で、俺も色々入れたさ。
紹介サイトさんで絶賛されているソフトとか、有料無料問わずバシバシ入れたさ。
でもね、思った。

俺……使いこなせねー……

 いやね、俺が悪いんだよ。
使いこなせないのは俺が悪いんだけど、きっと初心者だったら俺と同じだと思うんだよね。
でもまあそんな中でも、初心者の俺でも使いこなせている(かどうかは解らないけど、とりあえず便利に使っている)アプリを紹介していこうと思います。
俺が使えているぐらいだから、きっと初心者の方々にもじゅぶん使えると思うんだよね。
この記事によってMac初心者の方が無駄に色々なアプリを入れたり、お金払ったりしないで済めば良いなと思います。

スポンサーリンク
336×280広告

Alfred

Alfred App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

これは定番ですね。

どこのサイトさんでも紹介されているので既に入れていらっしゃる方も多いでしょう。
これは流石の俺でも使えている!
まだご存知でない方の為に説明すると、ランチャーソフトです。
通常ランチャーソフトだとアプリやファイルを登録して、それをランチャーソフト上から簡単に開くことができるっていうもんだよね。
でも、このAlfredは、登録の必要は無し!
まずデフォルトで設定されているAlfred起動コマンドの「option+スペース」を押す。
Alfred001
するとこんな感じの画面が出てくるので、例えばsafariを起動したいなら
Alfred002
サファリの「s」を入力した段階でこのように「s」で始まるアプリやらがずら〜っと出てくる。
更に続けて入力していくと、一文字一文字ごとに結果が絞られていく。
Alfred003

お目当てのアプリやファイルが一覧に出てきたら右の方にでているキーを押せば起動できちゃう。
もうね、ちょ〜便利。しかも正確なファイル名じゃなくてもちゃんと一覧にでてきてくれる。
例えば「Mo」って入力すれば、「iMovie」も一覧に出てくる。
普通はDockに入れているアプリだったら比較的速く起動できるけど、そうでないアプリを起動する場合はLaunchpad開いたり、アプリフォルダ開いたリしなきゃいけない。
それがAlfredがあればすぐに起動できちゃう。これが無料で使えるんだからありがたいね。

他にも機能は満載で、簡単な計算もできちゃうし、「google for 」の後に検索したい単語を入れればソッコーでブラウザが開いて検索してくれたり。
ただ、最初はそこまで使いこなさなくても良いんじゃないかな。
この基本的な使用用途だけでもじゅうぶん使える。
最もオススメなアプリだです。

Caffeine

Caffeine App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
スクリーンセイバーやスリープモードを一時的に無効化してくれるツール。
これも定番Toolかもね。
地味に便利だし、簡単。
時間がかかる処理をさせている時にMacを放置していたらスリープモードになってた〜とか、MacBookなんかでディスプレイをパタンと閉じた状態で処理を継続させたい時なんかに便利。

Caffeine001 002

起動するとタスクバーにこ〜んなアイコンが出てきます。
ちなみにこれはオフの状態。
コーヒーは空っぽです。

Caffeine002 002

オンにするとこんな感じにコーヒーが入ります。
この状態だとスリープモードに入ったり、スクリーンセイバーが起動したりしません。
地味だけど便利だよ。

Memory Diag

Memory Diag App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
メモリ開放アプリ。
色々作業をしていると徐々にメモリを圧迫して動作が鈍くなったりするので、この手のアプリは必須ですよね。
でも、Windowsの時に比べてMacはあまり重くならずに快適に使えているんだけど、一応入れてある。
Memorydi001
起動するとタスクバーにこんなアイコンがでてくる。
多分このアイコンでおおまかな使用メモリを表しているんだと思う。
んで、コレをクリックすると

Memorydi002

こんなのがびよ〜んと出てくる。
これの良い所の一つに、数字で表示されるってのがある。
しかもそれが見やすい。
で、円の真ん中にある「Optimize」ってボタンを押すと最適化されるって寸法。
余計な情報が多くても俺なんかは理解もできないから、これでじゅうぶん。
簡単だし無料だもんね。

Dragon Drop

DragonDrop App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥500

ファイル移動に便利なアプリです。
俺の場合は、家でiMacとかで作業している時はそこまで不便じゃないんだけど、MacBookとかでの作業領域が狭い場合にファイル移動させたりするのが面倒なんだよね。特にウィンドウを複数開いている時とか。

最初はファイル移動便利にするために¥500ってのは高いかな〜と思ったんだけど、勢いで買ってみたw
そしたらまぁ便利だこと便利だこと。

使い方は簡単で移動したいファイルをドラッグしたら、そのままマウスやパッドでシェイク!!すると

Dragondrop

こんなウィンドウがでてきてファイルをそこに置いておける。
このウィンドウは常に手前に表示されるから、移動したフォルダとかアプリを開いたら、このウィンドウから移動すればOK。
これがかなり便利なので、MacBookでは常用している。
自宅のiMacではよほどウィンドウをたくさん開いていない限りはあんま使わないかな。
デスクトップで作業領域が広い人はあんまりいらないかもだけど、ラップトップの方には是非オススメ。めんどうな設定とかも無いから初心者の俺でもじゅうぶん使いこなせています。

1Password

1Password App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥3,500

様々なパスワードを一括管理できる素敵アプリ。
これも定番なのかも。

最近特にこれの必要性を感じさせるよね。最近でもあったでしょ?ハリウッドセレブのプライベート写真がiCloudから流出しちゃったり、DropBoxからファイルが流出したりってニュースが。
それらの原因になっているのが「パスワードやIDの流用」なんだってね。
いろいろなWEBサービスとかが多い昨今。FacebookやTwitterとか、Evernoteもそうだよね。
たくさんのサービスが使えるようになって便利になっているんだけど、どのサービスもログインするのにIDとパスワードの登録が必要になってくる。
当然セキュリティ上全てのサービスで違うIDとパスワード(しかも解りにくいやつね)を設定すべきなんだけど、そんなことしてたらどれがどれだか解らなくなるし、忘れちまう事も多々あるわけですよ。
そこで多くの人がとる手段が、「全てのサービスで同じIDとパスワードを使う」って方法。
まぁこれならどのサービスにログインするのも同じIDとパスだから忘れたり間違えたりする事は減るわな。
かく言う俺も実は以前はそうしてた。
でも、これってたった一つのどこかのサービスからIDとパスワードの情報が漏れたら、アウトなんだよね。
手当たり次第に色々なサービスにそのIDとパスワードで入れるかを試してみれば良いんだもんよ。
そういった経緯でハリウッドセレブ達の写真が流出したわけですよ。

んで、この1Passwordを使うと、いろ〜〜〜〜んなサービスのIDとパスワードを一元管理できるってわけ。
1Passwordにマスターパスワードを設定して、後は1Passwordを起動した状態で各種のサービスにログインする。
するとそれぞれのログイン毎にIDとパスワードを1Passwordに記憶していってくれるわけ。んで、次回のログインからは自動的にIDとパスワードを入れてくれる。
しかもこの登録した情報はiCloudで他のMacやiOSと同期してくれる。(iOSはiOS用のアプリをダウンロードしないとダメ)

さらに便利なのが、パスワードジェネレーターって機能で、パスワードの長さを設定すると、自動的にランダムな文字列のパスワードを自動で作ってくれる。
俺はこの機能を使ってAmazonや楽天、AppleIDとか全てのパスワードを変更した。
んで、1Passwordに登録しておけば、全てのMacとiOSでマスターパスワードさえ入れれば全てのサービスにログインできる。

その他にもクレジットカード情報とか、住所や電話番号なんかの個人情報も登録しておけるので、どこかのWEBサイトでそういった情報を登録する際もすぐにコピペできてしまう。

これは俺の中では最早なくてはならないアプリになった。
このアプリについては今度別記事でちゃんと書こうかな。

Tunes Cleaner

Tunes Cleaner App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥2,000

iTunesLibraryを整理してくれるアプリ、有料だけどものすげー便利。
ボタン一個押すだけでiTunesLibraryをスキャンしてくれて、点数を出してくれる。
その点数ってのは、タグが付いていない曲とか、アートワーク(アルバムのジャケットの画像とかね)が無い曲とか、要するにiTuneで表示される情報として不十分なファイルを抽出して点数をだしてくれる。
データの不十分なファイルは点数が低いってわけ。
俺の場合はずいぶん前にWindowsでCDからmp3として取り出した音楽ファイルが大量にあったんだけど、ただ単に吸いだしただけだったから、アートワークも無いしタグもなんも無かったのよね。単純にファイル名を曲名にしていただけ。
そんなファイルが山ほどあったんだけど、それを全部抽出してくれた。

Tunescleaner001
使い方は簡単で、この赤い四角で囲ったボタンをポチっと押すと自動的にiTuneLibraryをスキャンしてくれる。
その上データベースとかから、アートワークやアーティスト名、アルバム名なんかを検索してくれちゃう。
Tunescleaner002
この記事書く前にiTuneLibraryをこのアプリで整理しちゃったから99点ってなってるけど、最初やった時は30点だった。
この緑で囲ってあるのが不完全なファイルのリスト。
リストにある写真がアートワーク、その右が曲のタイトル、時間、アーティスト名、アルバム名と続く。
ちなみに俺のこの4つのファイルはボイスレコーダーで録音したうちの子供の声。
なんか知らないけどアートワークにパツキンのねーちゃんが出てきてすげーワロタ。
んで、一番左にチェックボックスがあって、最初は全てチェックされている。アートワーク、アーティスト名、アルバム名なんかに問題が無ければ そのまま。
変更する場合は変更して、表示されているものに変更しないのであればチェックを外す。
んで、最後に右上の赤で囲っているApplyボタンをポチッと押せば、iTuneLibrary内がキレイに整頓されてしまう!
同じようなステップで重複しているファイルも簡単に整理できてしまう。

これまではフリーのアプリで地道にアートワークとかを適用させていたんだけど、このソフト購入した途端にその苦労がうんこみたいになってしまった。
修正しなけりゃ2クリックくらいで良いんだもんよ。初心者にはホントありがたいね。
これも本気でオススメ!!

 Toast DVD

Toast DVD App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥2,000

DVDビデオを焼くアプリ。
AppleのiDVDってのが良いらしいんだけど、もう扱ってないの?なんかストアで検索してもでてこねーんだよね。
しゃあないからコレを購入したってわけ。
俺はビデオカメラで撮影した映像をMacに取り込んでiMovieで編集してるんだけど、それをDVDビデオにする時に使っている。
この間も長男と次女の幼稚園の運動会があって、その時の映像を編集してこのアプリで ビデオにして、俺や嫁の実家に送った。
特に拘らなければ操作はすげー簡単。

Toast001

赤枠のとこに書き込みたいファイルをドラッグ&ドロップする。
青枠のとこでDVDのメニュー画面を選べる。
そいでもって右下の緑枠のボタンを押せば書き込めちゃう。
うん、めっちゃ簡単。
今のところこれで全く不自由していないから、このまま使い続けると思う。
もっと色々凝ってできるソフトもあるんだろうけど、まあ言ったらプロじゃねーからそこまで拘ってやらないしできない。
色々できるソフトは素晴らしいけど、設定しなきゃいけない項目とかも多くて難しくなっちゃうからね。
初心者の俺にはこれでじゅうぶん。

とりあえず今回は7つのアプリを選んでみたけど、実は他にも色々使えるアプリがあったりする。
でも、まだ俺も完全に使いこなせていなかったり、使って日が浅い物も多いので、そういったアプリを無責任に他人には勧められないので、もうちっとちゃんと使えるようになってからレポートしますね。

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です