Mac初心者の為のMacBookPro/Airのやっておくべき初期設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
macbookpro
スポンサーリンク
336×280広告

初期設定を上手に行えば格段に使いやすくなる

私は長らくWindowsユーザーでした。 まぁ、今でも両方使っているんですけどね。 Windowsに比べてMacは非常に扱い易く、安定したシステムであることがとても印象的です。

さて、私の悪いところでもあるのですが、何の予備知識もなく目新しいものなどに手を出してしまいますので、最初はWindowsとの違いにだいぶ戸惑いました。

Mac初心者の俺が使えているアプリ7選
Macを入手して最初にしたのはアプリ検索だった。 自分の中でWindowsでは最初に必ず入れる定番ソフトってのが決まっていて、新しいマシンを手に入れたらほぼ無意識でサクサクとソフトウェアをダウンロー...

この記事でMac初心者でも使えているアプリをいくつか紹介しましたが、よく考えたらそれ以前にもっと根本的な部分で色々と試行錯誤をした事を思いまだしました。

それが様々な本体の設定です。 特にラップトップの場合は、デスクトップよりも色々設定をすると、使い勝手が格段に向上し、より外での出番が増えます。 ここではMacBookシリーズを前提に、やっておくべき設定を紹介したいと思います。

初めて使うシステムだと、設定をいじるのもおっかなびっくりですよね。
しかも当然お金はあまりかけたくありませんから、今回は外部ソフトを使う場合も、無料の物のみをチョイスしています。

私の忘備録として利用するというのが主な理由ですが、この記事皆様のお役に立てれば幸甚です。

トラックパッドの設定

Macのトラックパッドは感動的なまでに使いやすいと私は思っています。 私は、Windowsの場合パッド機能を切って、小型のマウスを持ち歩いています。 しかしMacBookProではMagic Trackpadをバリバリ使っています。

まずは、システム環境設定を開き、トラックパッドの項目を見てみましょう。

Kankyou001

ここですね。 これを開くと

Trackpad001

こんな画面が出てきて、様々なジェスチャで可能な操作が動画で見ることができます。 また、使わない機能にはチェックを外して、機能をオフにもできます。 ますはここで基本的な使い方を学びましょう。

さて、基本機能だけでもかなり使いやすいMagic Trackpadですが、あるアプリを入れることによってさらに使いやすくなります。

BetterTouchToolでMagic Trackpadをさらに便利に

URL:http://blog.boastr.net/ 

このサイトにアクセスしてBettertouch001 価格:無料

赤枠で囲ったところをクリックすると、アプリがダウンロードされます。 ダウンロードしたファイルを開いてアプリをインストールすれば良いのですが、Apple公式以外のソフトウェアを導入しようとすると、「”アプリ名”は、開発元が未確認のため開けません」といったメッセージがでる事があります。 デフォルトのセキュリティ設定が、開発元が未確認のアプリは開かないように設定されているからです。 これを回避するためには、Controlキーを押しながらクリックをして、「開く」を選択する

デフォルトの設定を変更するには 「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」を選択します。
この「システム環境設定」はWindowsで言うところの、「コントロールパネル」に該当します。

System

「システム環境設定」のアイコン

Security002

Security001

ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の項目の「すべてのアプリケーションを許可」のラジオボタンにチェックを入れれば次回から外部から手に入れたアプリでも起動できますが、セキュリティ上私はデフォルトのままの設定にして、必要がある場合にControlキーを押しながら「開く」で起動するようにしています。

さて、BetterTouchToolがインストールされたら、アプリを開きます。

Bettertouch001 copy copy copy

「アプリの選択」の部分で、ジェスチャーを追加したいアプリを選択します。 一覧に設定したいアプリが無い場合は、下の 「アプリを追加する」からアプリを追加します。 設定したいアプリを選んだら、中央下の「クリックするとジェスチャー追加」でジェスチャーの追加を行います。

Bettertouch002 copy

そして、緑で囲った部分をクリックすると、赤枠のメニューが開きます。 ここで「Single Finger Gesture」(一本指)から 「Five And More Finger Gesture」(五本指、もしくはそれ以上)、そして「Your Own Gesture」(オリジナルジェスチャー)といった多彩なジェスチャーの選択肢から、自分の好みに合った操作をそれぞれのアプリの動作に設定することができます。

「三本指でタップしたら、ウィンドウを最小にする」とか、「五本指でクリックしたらスリープモードになる」などと、幅広い設定が可能です。

このアプリを使いこなすと、かなりMacBookが使いやすくなります。

キーボードの設定

私がMacに初めて触れた時に困ったのは、マウス操作とキーボードでした。 キーボードのWindowsの時には、文章なんかを打ち込んでいる時に、ファンクションキーでカタカナ変換とかを行っていました。 同じ要領でMacで操作ししたら、通常のファンクション機能が働かなくて焦りました。 Macでもちゃんと設定すると、ファンクションキーを通常通り使えます。

System

やはりMacの「システム環境設定」から「キーボド」を選択します。

System002 Keybord001

「キーボード」を選択すると、上のような画面になりますので、赤く囲ったところの項目にチェックを入れます。 これで通常のファンクションキーとして機能してくれます。

Dockの設定

DockはWindowsで言うところの「スタートメニュー」って感じ。

デフォルト設定だと、画面下にありますね。

Dock001

これですね。これ。
こいつもカスタマイズして使いやすくしちゃいましょう。

もうおなじみの「システム環境設定」を開き、上の段にある「Dock」をクリックします。

Dock002

Dock003

開くとこのような画面になりますので、Dockのサイズや、画面のどの位置にDockを表示させるか等、自分の好みに合わせて設定しましょう。

Dockにアプリを追加したい場合は

Dock004

Finderで「アプリケーション」フォルダを開き、追加したいアプリをドラック&ドロップでOKです。

逆にDockから取り除きたいアプリがある場合は

Dock005

該当アプリを右クリックして出たメニューから「オプション」→「Dockから削除」を選択すれば良いです。

Finderの設定

さて次はFinderの設定です。 Finderとは、Mac標準のファイラーです。 Windowsで言ったら「エクスプローラー」といったところでしょうか。

Dockの左端にある

Findericon

このアイコンがそうです。 開くと

Finder001

サイドバーにある1が、「よく使う項目」として、自分で設定した一覧が出てきます。 2には現在開いているフォルダが表示されています。

Macでは基本的にこのFinderでファイルのコントロールを行いますので、それなりに使いやすくないとダメですよね。 ちなみに サイドバーにある「アプリケーション」を開けば、Macにインストールされておりアプリ一覧見られます。

まず私はこの左にある、 「よく使う項目」を設定しました。

Finder002

Finderを開いた状態で、メニューから環境設定を開きます。 上に「一般」「タグ」「サイドバー」「詳細」と出てくるので、サイドバーをクリックします。 Finder003

すると、このような画面になります。 ここで「よく使う項目」にでてくるメニューを設定することができます。 表示したい項目にチェックを入れればOKです。 私の場合は全項目にチェックをいれています。

これでFinderから、ほとんどのフォルダやファイルにアクセスしやすくなりました。

XtraFinderでさらに便利に

URL:https://www.trankynam.com/xtrafinder/ 価格:無料

このXtraFinderというアプリを入れると、さらにFinderが便利になります。 というか、MacBookだったら必須かも。

Finderに色々な機能が追加できるのですが、私にとってはタブ化できることが最も重要なポイントでした。 ラップトップですと、作業領域がデスクトップに比べて狭くなりますので、いくつもウィンドウを開いていると作業が煩雑になりがちです。 このアプリを使えば、Finderで開くフォルダなどをタブ化できますので、作業効率が飛躍的に上がります。 また、右クリックメニューに様々な項目も追加できるので、慣れてきたら色々試してみると良いでしょう。

Finder004 copy

このようにタブで管理できますので、デスクトップがFinderのウィンドウだらけになりません。

さらに私が気に入っているのがデュアルパネル。

Finder005

開いているタブをダブルクリックすると、その右側にあるタブと結合されて上記のような画面になります。 上の絵は左側にアプリケーションフォルダ、右側にダウンロードフォルダです。 これが使えるとファイルの移動なんかがものすごく楽チンになります。

ファイアウォールの設定

これも最低限やっておかないとダメですよね。

「システム環境設定」から「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

Firewall001

Firewall002

システム上重要な項目を変更する場合は、パスワード等を入力する必要がありますので
まず、左下にある錠前のマークをクリックして、パスワードを入力して変更ができる状態にします。

そうしましたら、上に赤枠で囲った状態になるように、「ファイアウォール」を「入」にします。

これでOK!

後はお好みに合わせて色々試しましょう

さて、これで最低限の設定は大丈夫だと思います。

便利にする為には、今回紹介した設定の他の部分をいじったり、無料や有料の各種アプリを導入したりなどでかなり快適に使える環境を構築できます。

私が感じたMacの良いところは、Windowsと異なり、だいたいどんなアプリを入れてもトラブルが少ないことです。

しかもバックアップのタイムマシーンがかなり使いやすいので、自分の手に負えないトラブルになっても復旧が比較的容易なのも嬉しいところです。

今回は主にAppStoreで手に入らない外部アプリを紹介しましたが、AppStoreでも様々な便利アプリがあります。

Mac初心者の俺が使えているアプリ7選
Macを入手して最初にしたのはアプリ検索だった。 自分の中でWindowsでは最初に必ず入れる定番ソフトってのが決まっていて、新しいマシンを手に入れたらほぼ無意識でサクサクとソフトウェアをダウンロー...

この記事で少し使えるアプリを紹介していますので、参考にしてください。

これらを使っていけば、初心者でもどんどん自分なりのカスタマイズが可能となり、MacBookが手放せないくらい素敵仕様になりますよ!

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です