【Mac技】便利なキーボードショートカットまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

さて、新型のiMacも出て、これからMacデビューするってな方も多いかと思います。

今回は私がよく使ってる、便利なキーボードショートカットを幾つかご紹介させていただきますよっと。

知ってると知らないとじゃ作業効率がだいぶ違ってくるので、知らなかった方は是非この機会にマスターしてみてくださいな。

汎用系

ショートカットキー 機能 使いどころ
[command]+[shift]+[Q] ログアウト もちろんログアウトする時
[command]+[shift]+[option]+[Q] 即ログアウト せっかちさんがログアウトする時
[F12] 全てのウィンドウを隠す/表示 エロサイトとか見てる時にかーちゃんや嫁がいきなり部屋に入ってきた時とか
[command]+[C] コピー コピーしたい時
[command]+[V] ペースト ペーストしたい時
[command]+[X] 切り取り 切り取りしたい時
[command]+[Z] 一つ前の動作をキャンセルする いわゆるアンドゥしたい時
[control]+[スペース] Spotlight起動 spotlightを使う時
[command]+[option]+[D] Dockの表示/非表示 Dockが邪魔な時は消せるし、必要な時は表示できる。初心者の友達にカッコよさげに見せられる。
[command]+[スペース] 文字入力の切り替え もちろん文字入力を切り替える時
[command]+[option] アプリの強制終了 アプリが凍った時とか
[command]+[tab] 時計回りに起動中のアプリを切り替える 複数のアプリを切り替えながら作業する時に便利
[command]+[shift]+[tab] 反時計回りに起動中のアプリを切り替える 同上
[control]+[↑] Mission Controlを起動する 作業内容別にMission Cntorolでデスクトップを使い分けて、その切り替え時に
[control]+[←]/[→] 仮想デスクトップの切り替え 上記の場合で仮想デスクトップを切り替える時。仮想デスクトップで遊びと仕事で分けておくと、急に上司が来た時にもソッコーで切り替えれば平気
[command]+[shift]+[3] スクリーンショットを保存する スクリーンショットをとりたい時
[command]+[shift]+[4] 任意の範囲のスクリーンショットを保存する このブログの記事でもよく使ってるけど、好きに範囲を指定してスクリーンショットがとれる
[command]+[shift]+[4] を押した後に[スペース] ウィンドウを選択して、そのウィンドウのスクリーンショットをとれる 特定のウィンドウのスクリーンショットをとりたい時
[command]+[A] 全ての項目を選択 全部項目コピーしたり削除したりする時
[command]+[option]+[A} 全ての項目の選択を解除 全部項目コピーしたり削除したりしようと思ったけど、やっぱやーめたって思った時
[command]+[W] ウィンドウやタブを閉じる ウィンドウやタブを閉じたい時。上司が来た時にとっさにエロサイトのウィンドウやタブを閉じてエクセル画面などにする時に有効

Finderなどでのファイル操作系

ショートカットキー 機能 使いどころ
[command]+[D] 選択したものを複製 複製をつくりたい時
[command]+[ I ] 情報を見る 情報を見たい時
[command]+[N] 新規Finderウィンドウを開く 新規Finderウィンドウを開きたい時
[command]+[shift]+[N] 新規フォルダを作成 新規フォルダを作成したい時
[command]+[T] 新規タブで開く 新規タブで開きたい時

他にもたくさんショートカットキーがありますが、私が普段主に使ってるのはこんな感じでしょうか。

使うのと使わないので本当に作業効率が違いますよ。

慣れないと最初は逆に面倒なこともありますが、慣れるとショートカット使わないってのおが信じられなくなります。

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です