初心者のためのEvernote入門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
evernote

ちまたで以前より話題で、私もオススメアプリとして挙げているEvernoteです。

Evernote公式サイト

これはiOSアプリ。
Evernote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

Macアプリ。
Evernote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

便利便利と言われておりますが、何がどう便利なんでしょう。

ある人々は意識高い系アプリなどと言っていたりするアレです。

数多ある解説サイトを読んでみるのですが、なかなかどうして難しそう。

かく言う私もそうであった過去を持ち、以前持っていたスマホに最初から入っていたけどずっと使っていないアプリちゃんでありました。

しかし暇にかまけて使ってみたところ、これがまた非常に便利なアプリで、今では手放せないアプリの一つです。

さて今回は、これからEvernoteを使ってみようかな~となんとなく思っている方に、その敷居を一気に下げてみようという主旨で記事を書いてみました。

スポンサーリンク
336×280広告

Evernoteとは?

簡単に言ってしまえばオンライン管理された何でも詰め込めるメモアプリです。

あまりにも簡単ですが、実際問題そういうアプリなんですよ。

だったらスマホなんかに標準で入ってるメモアプリでじゅうぶんやんけ!となりますが、それよりずいぶんと便利なので、ユーザーが多いんですよ。

そして、使い込めば使い込むほど便利さが増していくのが特徴です。

まず、みなさん簡単なメモをとる場合、Windowsだったら「メモ帳」開いて書き込んでテキストデータとして保存しておいたり、Macだったら「メモ」アプリ開いて、書き込んで保存。

MacだたったらiCloudで同期して、iPhoneやiPadでも開けるようにしてたりしますよね。

Evernoteも同じ様なもんだと思っておけばOK。

ただし、Evernoteは文章だけでなく写真でも動画でも音声データでもPDFでも何でも同じノートに貼り付けて保存できるんです。

では、超基本的な機能だけを簡単に見てみましょう。

メモ機能

これはもう単純なメモを書く機能です。

こんな感じです。

ever001

これだけなら普通のメモですね。

他のメモアプリと同じく、これが基本的な機能なんです。

様々な形式のファイルを貼り付けできる

ever002

先ほどのメモに画像を付け足してみました。

これはJpeg画像を付け足してみましたが、もちろんPDFや音声データ、GPSデータなども可能です。

また、画像などに書き込みもできます。

例えば

ever003

こんな感じ。

私の場合によく使うのが、子供が小学校や幼稚園で作ってきた作品をそれぞれの子供毎のノートを作って、そこにまとめておくことです。

日付などの付属情報に作品の写真を貼り付けておくってやつです。

個人情報はふせましたが、以下のような感じです。

ever004

ちなみにおにぎりではなく、サッカーボールですよ。

今年の7/14に行われた三者面談に行った時に、教室の壁に貼られている絵を撮影してきました。

そしてそっこーで「子供」という「ノートブック」の中にある、長男の作品集用のノートに貼り付けて付帯情報を記述しました。

こんな感じで子供ら全てのノートがあり、作品を保存してあります。

タグをつけられる

それぞれのノートには「タグ」をつけて管理する事ができます。

要するにそのメモのキーワードですね。

先ほどの「ちくわ」に関するメモに、このようなタグをつけてみました。

ever005

これらのキーワードが設定される事によって、後々検索する上で非常に便利になります。

検索が超優秀

さて、ビシバシメモをEvernoteに保存していくと、大量のノートができあがります。

後で読み返したい時に、その大量のノートの中から探すのは非常に困難。

こんな時にEvernoteではノートの中身を含めた「検索」ができるんです。

先ほどの「ちくわ」にタグ付けをしましたが、それがここで効いてきます。

Evernoteの検索窓で「天ぷら」と入力して検索すると、数あるノートの中から「天ぷら」のキーワードがあるノートが出てきます。

これには例えば本文中に「天ぷら」が含まれていたり、「タグ」に「天ぷら」が含まれていれば検索結果として出てくるのです。

本分がちくわの写真だけでは天ぷらとは関係ないですが、「タグ」に「天ぷら材料」を加えてあるので「天ぷら」というキーワードで検索できるのです。

そして何よりスゴいのが、「画像の中にテキストがあれば、OCR機能で自動的にテキストとして読み込み、検索可能な文字として認識される」というポイント。

もっと簡単に言うと写真やPDFの中に文字がある場合、それをコンピュータで認識できるテキストデータとして読み取ってくれるってことです。

すなわち、写真なんかの中に写っている文字でも検索可能ってこと。

「HAPPY」って書いてあるTシャツを着て撮った写真を探したい時に、検索窓に「HAPPY」と入力して検索すれば、「HAPPY」と書いてあるTシャツを着て撮った写真の入っているノートが検索結果に出てくるってこと。

もちろんちゃんと読み取れていればの話だけどね。

これはすごく便利な機能で、PDFデータなんかを貼り付けた時にはその内容も検索対象になる。

この優秀な検索能力が最大の魅力。

タグと内容で検索すれば、何千というノートの中からも目的のノートに辿り着きやすいんですよ。

端末をほぼ選ばずに使える

このEvernoteのアプリは、Android、Windows、OSX、iOSと一般的なOSであればほとんど出ています。

従って、どの端末からでも同じ情報を共有して編集もできるんです。

Macで作ったメモが、WindowsやAndroidでも開いて編集できるんです。

これが便利と言わずして何と言いましょう。

ノートブックで大まかなジャンルわけ

メモの最少単位は「ノート」で、ファイルのようなものです。

このノートを上の階層で「ノートブック」というフォルダのようなものでジャンルわけできます。

この「ノートブック」も好きなだけ作れるのですが、私の場合は基本的に「仕事」と「プライベート」の2つの「ノートブック」しか作ってません。

細かい性格の人はもっと多くの「ノートブック」を作って、詳細にわけているのでしょうが、私の場合はガンガン「ノート」を作って保存していくので、あまり細かく「ノートブック」を作っていると、保存する時にいちいち適当な「ノートブック」を探すのがめんどくさいという理由から、たった2つのノートブックしか作っていません。

せっかく検索が優秀なのですから、それを使って探せば良いんです。

とりあえずはメモとして使えば良い

先ほど紹介した機能の他にも便利な機能はたくさんあるのですが、とりあえず最初は何でも情報をぶち込めるメモ帳としてだけ使えば良いです。

そして徐々にいろいろな機能を試してみて、自分に合った使い方を見つけていけば良いのです。

最初からいろいろな機能を使いこなそうとすると、できる事が多くて混乱して、結局使わなくなるのがオチですから。

とにかくメモが必要な時にEvernoteを開くようにして、メモしたり、写真貼り付けたりしてガンガン使う。

必要な時は検索で過去のノートを探し出す。

とりあえずこれだけの単純な使い方でOK。

他のアプリと連携すると更に使いやすい!

このEvernoteと連携できるアプリっていうのが、思いの外たくさん出ています。

必要に応じてそれらを導入することによって、Evernoteがさらに使いやすく進化していきます。

今度別の記事で連携アプリを紹介したいと思います。

入手方法と登録

iOSアプリ。

Evernote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

Mac用アプリ。
Evernote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

基本的に無料でダウンロードできます。

Evernoteを利用するには、アカウント登録が必要です。

まあメールアドレスさえあれば使えますので、特に苦労することは無いでしょう。

登録すればすぐに使い始めることが可能です。

そして、Evernoteには3つのプラン(アカウント)があります。

・無料アカウント

・プラスアカウント

・プレミアムカウント

この3つです。

では、この3つの違いについて見てみます。

機能の違いは以下のEvernote公式サイトで一覧比較もできます。

Evernote公式ープラン別機能比較ー

無料アカウント

誰でも無料で利用できる無料アカウントです。

ただし、もちろん機能制限もあり、月間の転送容量が60MBとなっています。

しかし、ヘビーに使わなければこれでじゅうぶん

私はしばら〜〜〜くこの無料アカウントでした。

利用は基本的にオンラインのみです。

プラスアカウント

年間2,000円のコスト。

できることが増えて、転送容量が月に1GBになったので、ほとんど容量を気にすることなく使えます。

ノートの利用もオフラインで利用できるので、ヘビーに使うようになってきたら、こちらのアカウントにするのが良いですね。

私は容量制限にひっかかるようになったので、現在はこのプラスプランで利用しています。

プレミアムカウント

年間4,000円のコスト。

仕事でヘビーに使い倒す用途で無い限り必要ない。

Office文書などを貼り付けてその中身までも検索できたり、ノートからそのままプレゼンしたり、名刺をスキャンしてデジタル保存とかできるけれど、一般用途でそこまで使う?な内容。

正直言ってここまでは必要ないと思えるプラン。

会社でグループなどで仕事をする場合の、情報共有用のメインアプリとして利用する場合は良いかも。

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です