WWDC19にてiPad専用OS「iPadOS」発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 35
スポンサーリンク
336×280広告

iPad専用OS登場

どうもご無沙汰しております。
最近はファミコンでの遊びに夢中になっており、こちらは放置プレイでしたが、まあ特筆書く記事もなかったと言ったところでしょうか。

さて、そんな久々な状況ですが、WWDC19が開催されました。

もちろん一通り見て、新製品の紹介やOSのアップデート情報など様々なコンテンツがありましたが、私の心を捉えたのはこれ。

iPad専用OSの登場です。

これまでiOSと同じOSを使っていたので、どうしても使いづらい部分があったり、MacOSに近づけた方がよいと常々思っていたところでのこの進化。
マジでたまんないという感想です。

では大まかな機能を見てみます。

ホーム画面の操作性

画像を見ていると、通知センターをスワイプでサクッと出て来ました。

また、iPhoneでも右にスワイプして出す「今日の表示」などのウィジェットを、ホーム画面に常駐させることが可能なようです。

Split Viewの強化

同じアプリの2画面表示が可能になり、編集も可能になりました。

これは同一アプリ内でコピペしたりが可能ということ。
個人的にはPagesとWord、KeynoteとPowerpoint間でのやりとりが多く、Mac上でないと面倒だった作業がiPad単体でもやりやすくなったのはかなり嬉しいです。
メールアプリも2画面表示が可能だったので、これまでよりも込み入った文章作成が楽になりそうです。
外出先でMacを開けなくて済むのは大きいですね。

ファイル操作の進化

これもかなり便利です!

MacOSのFinderに近づき、カラム表示やファイルのプレビューも可能になり、一覧性がかなり向上したと言えるでしょう。

さらに外部ストレージの利用が可能になり、USBドライブやSDカードをサポートしてくれるようです。
これまでは最初に選択したストレージ以外だとクラウドくらいしかデータ保存領域がなかったですが、外部ストレージ対応によって初期のストレージ容量をそこまできにする必要がなくなりましたね。

Safariの進化

デスクトップ版のSafariと同じ表示になり、さらにiPadの画面に自動的に調整して合わせる形になりました。当然そのままタッチ操作が可能になりますので、下手するとデスクトップバージョンよりも使いやすいかもしれません。

ダウンロードマネージャーやタブ管理も強化されたとのことなので、その点も要注目です。

まとめ

今回も色々と大きな変更がありましたが、やはり私はこのiPadOSの進化がもっとも興味深かったです。

これまではiPhoneとiPadはあくまでViewerであってEditorではなかったのですが、このバージョンアップで確実にEditorに近づき、iPadの使用用途が確実に増えました。

iPad Air2以降のiPadに対応し、この秋に配布されます。
私のAir2もそろそろ新OSの対応ギリギリになってきましたので、来年あたりは買い替えが必要かもしれませんね。

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください