iPhone6Sのバッテリー無償交換プログラムに行ってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
336×280広告

例の不具合が起きました

2017年になりましたね。
皆様はどのような年末年始をお過ごしになられたのでしょうか。
我が家はあまりお金を使わないように、年末年始はHuluやAmazonビデオ三昧でした。

さて、そんな年末も押し迫り、仕事納めをしたので後はゆっくり過ごすだけと行った中、冬休みで退屈しまくりの子供達を公園に連れて行っていた時でした。
長女に長男と末娘の面倒を見てもらいつつ、私は公園のベンチでスマホゲーでもして時間を潰そうとしていたのですが、ホーム画面が出て数十秒でシャットダウンされてしまいます。
あれれ?と思って電源を入れ直すのですが、すぐにシャットダウン。

iPhone6Sにバッテリーの不良があるってのは聞いてましたが、それまで症状が全く出なかったので気にせず放置していました

よくある「自分は大丈夫だろう」というやつです。
いけませんね。

ちなみに不具合の詳細と対策は

こちらをご確認ください。

要するに、ある期間に製造された街灯のシリアルナンバーのiPhone6Sが突然シャットダウンしちゃうという不具合があって、Appleが公式にその不具合を認めたから無償で修理しますよってことです。

私の場合は見事にシリアル番号が一致していたので、このプログラムに該当するってわけです。

さて、気になるのは修理にかかる時間です。

仕事で使っているので、何日間も預けるわけにはいきません。

数時間で返ってきてくれないと困るわけです。

しかも受け付けているのはAppleの正規サービスプロバイダー、Apple Store直営店、Appleテクニカルサポートのみ

感想としては、「メンドクセー」の一言です。

送れば行って来いで時間がかかりますし、持ち込むにもわざわざお店に出向かなきゃなりません。

まさに「メンドクセー」です。

とは言えこのまま放置していては、大事な電話がかかってきた時にシャットダウン中なんて状況になりそうなので、とっとと修理しなければなりません。

正規サービスプロバイダー検索

公園から自宅に戻り、とりあえず近くの正規サービスプロバイダーを以下のURLで検索です。

検索したところ、我が家からは電車で乗り換え1回を含んで数駅離れたところにありました。
時間にしたら大体30分ほどの距離。

まあ、遠くはないですけど、近くもない。

電車代も往復で数百円かかる。
ケチくさいですがこの数百円があれば日高屋でラーメンと餃子が食える金額なわけです。

でもまあ仕方がないので行くことにします。
この不具合が発生した当日に行くことも可能でしたが、受付終了時間ギリギリの到着になる可能性が高かったので、翌日にしました。

正規サービスプロバイダーで修理依頼

ちなみにiPhone自体は、帰宅して充電したらシャットダウンすることは無くなりました。
ただ、いつまた発症するか解らないので交換はします。

前夜にバックアップをしっかりと取り、翌午前中に電車を乗り継ぎ正規サービスプロバイダーに行きました。
カメラのキタムラがやっているようなので、それこそカメラのキタムラの一部がそれっぽくなっているのかな〜と思っていたら、どう見てもAppleのお店がメインの店構えでした。
むしろそこでカメラを売っている気配は微塵もありませんでした。

とりあえず受付をしなければいけないようなのですが、受付窓口は1つのみでした。
カウンターは複数のお客を対応できるようになっているのですが、受付はたった一つの窓口のみです。

既に3名ほどの方が並んでいます。

受付では不具合状況の確認、バックアップの確認等々が行われました。
作業時間的には何日もかかるようでは無く、30分〜40分程度とのこと。
それらの確認が終了したらカウンターで修理始まるのかな?と思ったら

はい、では2時間後にこの番号札を持ってお越しください

え?まじで?

そう、この2時間後にようやく私の順番なんだそうですよ。

今すぐやれよ!と思いましたが、こんなところでゴネても大人気ないです。

仕方がないので近くのロッテリアでコーヒーだけ頼んで2時間読書していました。

硬いイスに座り続けちょうどよくお尻が痛くなってきた頃に指定された時間になったので、再度受付に行き番号札を渡します。

ようやくカウンターに通されてちゃんとした修理の受付用紙を記入します。

今度は数十分お店のイスで待ちます。

30分経ったか経たないかで修理が終わり、修理伝票にサインをして終了。

手続き自体に特に面倒なことはなかったですが、こういった大きな交換修理においては、できればauやdocomoのショップでも修理できるようにして欲しかったというのが正直なところです。

わざわざ電車代かけて時間かけて行かなきゃならないのはちょっとキツイです。

私なんかはまだ恵まれている方で、もっと地方の方なんかだとさらに大変でしょう。

そもそもこんな不具合がある状態で出荷したのも問題ですが、もう少しユーザーの立場に立って対応して欲しいというのが感想です。

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です