iPhone6 & 6plusは買いか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
iphone6-compare-hero-2014.png
スポンサーリンク
336×280広告

まだ悩んでいる人が多いみたいです

9月19日の発売日から約1ヶ月半。街中でも6 & 6Plus を使用している方々を多く見かけるようになりました。

しかし未だにどうするべきか悩んでいる人も多いようです。

実の妹のiPhone6購入を手伝っておきながらこんな記事を書くのもなんなんですが、6 & 6plusは買いなのだろうか?

俺は、人が何か欲しい!と思って、買う気になっているのに「アレのここがダメだからこっちの方が良いよ」とか言うのは無粋だと思っています
その人はその人なりに色々考えて検討した上で「買う!」と決めたわけですから、そこを否定したりすると、俺なら「なんだよコイツ。せっかく買うきになってテンション上がってるのにうぜぇな。」と思ってしまう。

ただし、どうしようか迷っているのなら、自分なりのアドバイスと意見は言っています。
この記事をご覧になっている方は、どうしようかな?とまだ迷っておられる故だと思いますので、俺の個人的意見の羅列ですが、この記事が参考になれば幸甚です。

見た目(外見)

やはりこの大きさが最も変化の大きなところであり、悩みのタネだと思います。
iphone-size-comparison-1410292276
出典:engadget日本版

うん、一番左の5Sから6plusなんてかなり大きくなっていますな。
6だったら若干大きくなったかな?で済みますが、6plusに至っては「デカッ!」って感じですね。

俺はこの大きさでまず、「これは無いな」と思いました。
俺のiPhoneの機種推移は 3GS→4S→5→5S となっています。
3Gから比較すると、5Sはかなり持ちやすくなった印象です。
さて、ではここで大きさと薄さを、ついでに重量も比較してみましょう。

  iPhone 6plus iPhone 6 iPhone 5/5S iPhone4S iPhone4 iPhone3GS
高さ 158.1 mm 138.1 mm 123.8 mm 115.2 mm 115.2 mm 115.5 mm
77.8mm 67 mm 58.6 mm 58.6 mm 58.6 mm 62.1 mm
厚さ 7.1 mm 6.9 mm 7.6 mm 9.3 mm 9.3 mm 12.3 mm
重量 172 g 129 g 112 g 140 g 137 g 135 g

ざっとこんな感じですね。
今現在の市場で手に入るのは、基本的には5S、6、6plusとなるでしょう。
中古屋を探せば4Sもまだあったりします。なんせ先月俺も売ってきたばかりなんで。

この表を見る限り、普通に電話として片手で持って通話することを考えると、6が限界かなと思う。
俺は少なくとも6plusを片手で持って電話しようとは思わない。
ただし、Bluetooth接続のイヤホンマイクを使うなら話は別。
iPhone 6plus自体を持たなくて良いので、実質カバンの中にいてもらってかまわない。
しかし、Bluetooth機器は充電が必要だったりと、常に充電ができる環境でないと安心して使えない。

次は厚さ、だいぶ薄くなったと話題ですが、5Sからだと6で1.3mm、6plusでは0.5mmの薄くなっています。
これって……言うほどスゴイことかな?
6なら薄くなったな~と感じられますが、6plusではほぼ誤差の範囲なんじゃないの?

しかも巷で聞くのは、「曲がった」という声。
ぺにょぺにょ曲がってたんじゃあ話になりません。
今まで我々消費者はそんなに薄くしれくれ!と声をあげていたのでしょうか。
単なる技術者の自己満足なんじゃないかと思います。
少なくとも俺は5Sの厚さが調度良いと思っています。
薄すぎず厚すぎず。ポケットに入れておいても大丈夫。
この厚みが最も良いんじゃないでしょうかね。
まぁ、曲がってしまわないようにするには、しっかりしたケースに入良いでしょう。

ついでに見た重量ですが、6plusは過去最も重い端末となっています。
従って、6plusはデカイ上に重いということですね。
4S使っていた時にもうちょっと軽いと良いな~と思っていたので、6plusの重量は俺には無理です。ひ弱なんで。

さて、大きさ厚さでまとめてみると

大きさだけで躊躇っている方は、Bluetoothイヤホンマイクの併用で考えてみてはいかがでしょう。
厚さで躊躇っている方は、しっかりとしたタフなケースに入れて使えば大丈夫!
(でも、せっかく薄くしたのにごっついカバーつけたら意味無いよね)

性能面

さて、性能面ではどう変わったでしょうか。
当然新機種になればそれなりのパワーアップがあります。
これは5Sと、6、6plusの三者で比較してみたいと思います。

  iPhone 6plus iPhone 6 iPhone5S
プロセッサ Apple A8 + Apple A8 + Apple A7 +
M8モーションコプロセッサ M8 モーションコプロセッサ M7 モーションコプロセッサ
メモリ 1GB 1GB 1GB
ディスプレイ 5.5インチ Retina HD 4.7インチ Retina HD 4インチ Retina
コントラスト比1300 :1 (標準) コントラスト比1400 :1 (標準) コントラスト比 800:1 (標準)
最大輝度 500cd/m2 (標準) 最大輝度 500cd/m2 (標準) 最大輝度 500 cd/m2 (標準)
デュアルドメインピクセルで視野角向上 デュアルドメインピクセルで視野角向上  
画面解像度 1920 x 1080 1334 x 750 1136 x 640
PPI 401ppi 326ppi 326ppi
背面カメラ 800万画素「」iSightカメラ 800万画素「」iSightカメラ 800万画素 iSightカメラ
(1画素1.5ミクロン) (1画素1.5ミクロン) (1画素1.5ミクロン)
True Toneフラッシュ True Toneフラッシュ True Tone フラッシュ
バーストモード バーストモード バーストモード
強化された顔検出 強化された顔検出 顔検出
光学手ブレ補正    
オートフォーカス Focus Pixels オートフォーカス Focus Pixels オートフォーカス 対応
動画撮影 1080p/30fps or 60fps 1080p/30fps or 60fps 1080p/30fps
「シネマティック」手ぶれ補正 「シネマティック」手ぶれ補正 手ぶれ補正
コンティニュアスAF コンティニュアスAF  
ビデオ撮影中に写真を撮影 ビデオ撮影中に写真を撮影 ビデオ撮影中に写真を撮影
デジタル3倍ズーム デジタル3倍ズーム デジタル3倍ズーム
前面カメラ 720p HDビデオ撮影 720p HDビデオ撮影 720p HDビデオ撮影
静止画120万画素 静止画120万画素 静止画120万画素
写真と動画の自動HDR 写真と動画の自動HDR 写真の自動HDR
強化された顔検出 強化された顔検出 顔検出
VoLTE 対応 対応 非対応
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a /b /g /n
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
NFC あり あり なし
Touch ID あり あり あり
気圧計 あり あり なし
バッテリー 3G通話 24時間 3G通話 14時間 3G通話 10時間
3Gデータ通信 12時間 3Gデータ通信 10時間 3Gデータ通信 8時間
LTEデータ通信 12時間 LTEデータ通信 10時間 LTEデータ通信 10時間
WiFiデータ通信 12時間 WiFiデータ通信 11時間 WiFiデータ通信 10時間
音楽再生 80時間 音楽再生 50時間 音楽再生 40時間
動画再生 14時間 動画再生 11時間 動画再生 10時間
連続待受 384時間 連続待受 250時間 連続待受 250時間

とりあえず羅列してみました。
太字になっているところが、5Sと比較してパワーアップしたところです。

要点をまとめてみましょう。

  • CPUがA7+からA8+になった事で処理速度が最大25%向上し、電力効率は50%向上
  • 画素数の増加により、1画面での情報量が圧倒的に増えた。6plusに於いては横画面にした場合、iPad並の構成になる。
  • カメラでは画素数などは変わらないが、顔検出強化や画像エンジンなどが強化。6plusは光学手ブレ補正機能付き。
  • NFCが搭載されたことにより、ApplePay(オサイフケータイみたいなの)に対応(ただし日本国内ではまだまだ先っぽい)。2015年発売予定のApple WatchともNFCで通信可能。
  • 画面が大きくなったにも関わらずバッテリー駆動時間がアップ。
  • Wi-Fiにおいて802.11acに対応した。

大事なところはこんなもんでしょうか。
俺からするとありがたいのは、Wi-Fiの802.11ac対応と、バッテリー駆動時間のアップくらいですね。
これでメモリが2Gになっていればだいぶ欲しいモードになったと思うのですが、1Gでは5Sで困っている、「ブラウザから他のアプリを開いてブラウザに戻ったら再読み込み」の解決にならないですからね。
ただこの、NFC対応はちょっと欲しい。Apple Watchを買う気マンマンなので……。
カメラの機能なんかは別に今のでじゅうぶんなので俺の購買意欲をそそりはしないです。

さて、性能面でみると

カメラや動画機能重視の人、iPad的な使い方をしたい人は買い!

てな感じですかね。

まとめ

で、結局ぴょこたんは6買うの?と聞かれたら、答えはNO!!!!

そこまで感動するようなパワーアップが見受けられない。
何より5Sの大きさや厚みが今までのiPhoneの中で俺に最も合っているから。

でも、6Sが出たら買うと思う。
6Sで4インチ画面が追加されたら迷わずそれだけど、おそらくそうはならないと思います。6S Plusは絶対に買わないでしょう。せっかくiPad Air2 買ったのにコンセプトがだいぶ被っちゃうからね。

それと、iPhoneの歴史を振り返ってみても、Sが付く機種は当たり機種。
ナンバーが変わる時は、デザイン等の大幅な変化がある時。
従って不具合等も当然多い。
んで、その不具合を解消したのがS付きだと認識しています。
なんせS無しのダメだったところを改良して出してくるわけだから、悪いはずがない。

大きさは確かに気に入らないけど、iPhoneをこの先も使い続けるのなら、6の大きさなら慣れれば大丈夫だろうとも思う。

という事で俺は

6Sが出るまで待ちます!!

タブレットっていらねーんじゃねーの?って言っておきながらiPad Air2 を買った俺が言ってもあまり説得力ないけど、今回はマジですよ。

タブレットは本当に必要か?
タブレットの必要性 iPad Air2が発売され、そのスペックの高さから初代iPadを使っている俺はAppleStoreでポチる直前までいった。 しかしここでふと思ったのが、タブレットって必要なの...
理由をつけてiPad Air2を買っちまった
結局買ったiPad Air2 なんだよ。 結局買ってんじゃんか自分。 というか、仕事のためです。 従って会社の経費で買いました。 仕事ではず〜っと初代iPadを使っていた私で...
スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です