iPad Proを買うか迷っている人へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
ipadpro

iPad Proが発売されましたが、まだまだ迷っていらっしゃる方が多いようですね。

iPad Proは買いなのか
ついにiPad Proが発表されましたね。 前々から噂がちらほらしておりましたが、ついにお目見えです。 私は昨年さんざん考えた挙句にiPad Air2を購入して、非常に満足しているのですが、果たして...

以前の記事で、公表されていたスペックなどから、果たして買いなのか?という記事を書かせてもらいました。

まあ、結論から言ったら私にとっては必要ないという結果になりました。

私のプライベートでの知人でも、まだまだ迷っている方がいらっしゃるようです。

前回は性能面から用途を考えて、買いか買いじゃないかを検証しましたが、今回はもっと具体的に用途を深く掘り下げて、買いか買いじゃないかを、あくまで個人的な見解ですが、検証してみたいと思います。

スポンサーリンク
336×280広告

iPad Proをどのようなコンセプトで使うか

人それぞれ端末にどういうコンセプトを持って使うかによって、その評価は変わってくると思うんです。 私が最初にiPad Proに期待したのは、「ラップトップとタブレットの合体」でした。 タブレットは基本的にはビューアーです。 編集作業にはやはり向かなくて、編集するならラップトップの方が圧倒的に楽だし、いろいろできる。 MacBookPro所有の私としては、編集はMacBookでして、出先での閲覧などにiPad Air2を利用するといった具合に使い分けているわけです。 しかしiPad Proであれば、それを一つの端末に集約して使えるのではないか、二つ持ち歩く必要がないのではないかと考えたのです。 っていうか、みんなそう考えるよね。 したがって、多くの方はラップトップとタブレットの良いとこどり!というコンセプトでiPad Proの購入を考えていると思うのです。 即ちこれは、コンテンツの創造と消費を一つの端末で!とも言い換えられます。 では、本当にそうなりえるかを考えてみます。

編集作業はどれほどできるか

Office系の編集作業

まず、タブレットではOffice系の編集作業は、別個にBluetoothキーボードがないとそれほど容易ではありませんでした。 タブレットの特性として、板っきれ1枚で色々できちゃうってのがあると思うのですが、編集作業をするには、やはり別途キーボードなどが無いと満足にできません。 ですからやはりラップトップの方が圧倒的に優位でしたよね。 iPad Proには別売りで専用のSmartKeybord(¥19,800税別)が存在します。 ipadkeybord これはデザイン的に優れており、タブレットカバーとして装着しておいて、必要な時にはキーボードとなってくれるというかっちょいい製品です。 しかし!!!しかし!!!! これ、英語配列しか無い。 この日本という国では、もちろん日本語配列になれた人が圧倒的多数だと思うのですが、英語配列は日本語配列になれた人にとっては、すごく使いづらいです。 以前アメリカで勤務していた時には、当然英語配列でしたが、めっちゃくちゃ使いにくかった。 特にReturnキーがある程度でっかくないと私は使いづらいので尚更です。 この時点で編集作業に使う気はだいぶ落ちてきます。 別個に日本語配列のBluetoothキーボードを用意するなら、やはりラップトップがあれば良いやって感じ。 そして、アプリ。 iOS用のWordやExcelもありますので、メジャーなOfficeソフトは基本的には問題ないのですが、そうでないもの、普段パソコンで使用しているソフトがiOSで出ていないものが多いという問題があります。 この辺がちょっと使いにくさを感じさせますよね。 キーボードが英語配列じゃなきゃまだ良かったと思います。 結果として、編集機能は日本語配列のキーボードがあればまあ良いかなとします。

画像系編集作業

今回目玉の一つでもある、画像系の編集です。 私のお絵描き能力は、しょうこお姉さん並だと周囲の友人達から評価されておりますので、そもそもお絵描きに手を出そうとは思っていませんが、iPad Proの購入検討をされている方々には、やはり絵を描かれる方が多いので、気になるところだと思います。 これにもSmartKeybordと同様に、別売りでApple Pencil(¥11,800税別)という製品があります。 ipadpencil001 筆圧感知などもしてくれるし、傾きでペンの太さが変わったりと、絵を上手に描かれる人にとってはとても使いやすそうな気がします(めっちゃ想像)。 したがって、iPad Proで絵を描こうとされている方にはとっても使い易いと思いますよ。 でも、絶対このペンなくすよ。 本体に収納できないため、カバーにペンの収納部を作る等して、何かしらの方法で本体の近くに収納できないと、絶対になくしそう。 次に、ソフトウェア、つーかアプリ。 iOSに満足がいくお絵描きアプリがあるか?つー話です。 かっこよくちゃんとお絵描きをされる人々は、パソコンにペンタブは当然として、やはりソフトウェアにも拘っていると思うのです。 そうなると、そのソフトウェアをそのまま使えるのなら良いですが、そうでないわけですから、結果的に普段使ってるお絵描きソフトが使えないってことです。 まあ、後からいろいろ販売されるのかもしれませんが、OSが異なりますので使い勝手がどうなるやら。 こればっかりは今後出てくるアプリ次第でしょうから、ちょっと様子見かもしれませんね。

閲覧機能としてはどうか

閲覧機能は、やはり基本的にタブレットですから、全く問題ないですね。 動画を観るのも、ブラウザでWebを徘徊するのも、電子書籍を読むのも、仕事の書類を見るのも、12.9インチの大画面で閲覧できますから、そりゃあ見やすい。 しかし、楽に見るのは難しい。 だって、でかくて重いんだもの。 同じWi-Fi+Cellularモデルで比較すると、iPad Air2の444gに対して、iPad Proは723g。 その差279g。 正直言って、iPad Air2の大きさと重さが寝転びながら快適に電子書籍を読んだり動画観たりする限界の大きさだと思っている。 もちろんもっと軽い方が楽なんだけど、とりあえず満足出来るバランスがあると思う。 それを279gも重くなると、ちょっとキツイ。 昔のiPadみたいに、ちゃんと端末を置いて閲覧しないとちょっと厳しい。 だったらパソコンで見た方が良いような……。 そんな気にさせてしまいます。

価格として

なにより高い。 Wi-Fi+Cellularモデル128GBで¥128,000(税別)。 SmartKeybordで¥19,800(税別)。 Apple Pencilで¥11,800(税別)。 合計で¥159,600。 これちっと高すぎない? 13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデルの128GBが148,800(税別)だから、それ買った方が良いような……。 まあ、Apple Pencil抜けば147,800円で、1,000円程安くなるけどね。 円安だったらもうちょっと安くなったのかな?

OSとして

やっぱり問題はここだと思うんよ。 これでOSがOSXとiOSのハイブリッドとか、OSX、もしくは両方切り替えて使えるってんなら、すごく良かったと思う。 編集作業はやはりパソコンで行う人が多いんだから、そのソフトウェアをそのままタブレットに持ち込めなきゃ使い辛いと思うんだよね。 OSXをタブレット感覚で操作できるってんなら、私もすごく欲しかったし、もっと売れるんだと思うんよ。 OSXが使えれば、今までMacで作業していた人達は、そのアプリ資産をそのまま使えるけど、iPad ProはiOSだから、新たにアプリを買い足したりしなきゃならないのが痛い。 iOSのアプリ資産を受け継げるのは良いけど、iOSはやはり「編集」じゃなくて「閲覧」の端末。 したがって、アプリも閲覧よりのものばかりだから、多くの編集を必要とするアプリは少数。 だからアプリを受け継いでも、閲覧メインのアプリばっかりで、新たに編集するようなアプリは買い足さなきゃならないわけよ。 ただでさえ本体が高いのに、アプリまでこの後いろいろ買わなきゃいけないのは正直キツイ。 お金持ちなら良いけど、庶民はキツイよ〜。 iOSもOSXもとっても良いOSで、すごく使い易いと思ってる。 だからこそ、ラップトップとタブレットの両方の需要を満たすiPad Proだったら、やはりOSを切り替えられるようにするべきだっと思うんだよね。 パソコンの便利なところは、アプリを同時にいくつか起動して、同じ画面に表示させたり、サクサク切り替えながら作業できるって点。 iOSだと、同時に2つを表示させて使うのが限界だから、どうしても作業に不都合が生じる。 そこが非常に惜しいんだよな〜。

ん?だったらSurfaceでよくね?

ちょっと待てよ。 パソコンと同じOSで動くってなったら、MicrosoftのSurfaceがあるじゃん。 私は個人的にはiPad Proに求められる使用コンセプトから考えたら、Surfaceの方が良いと思う。 これなら現在Windowsユーザーだったら、使っているアプリをそのまま導入すれば、使い勝手が変わらずに、そのままPCの環境をタブレットとして持ち出すことも可能だと思うんだよね。 これもちょっと高い製品だけど、満足度も高いと思う。

結論

今、メインマシンがMacだったら、MacBookの方が編集はしやすいから、iPad ProよりもMacBook。

手軽な閲覧をメインに考えるのなら、断然iPad Air2。

Windowsがメインマシンだったら、Surfaceの方が良い。

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です