初代 Apple Watch バッテリー膨張で画面が浮く問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 35

アメリカのサポートなどで話題になっていた初代Apple Watchのバッテリーが膨張し、画面が浮いてくるというトラブルがありました。
知識として頭の隅においてはありましたが、ついに私のWatchにも発生してしまいました。

さて、今回はその顛末をレポートします。

スポンサーリンク
336×280広告

どういう状況なのか

まずはバッテリーが膨張して画面が浮くというのがどういう状態なのかを説明します。

百聞は一見に如かずと言いますので、画像でサクッとご理解ください。

まあこういうことですよ。

発生経緯

経緯と言いましても、気がついたらなっていたという感じです。

仕事で打ち合わせのために外出しましたが、その際に装着していき、打ち合わせ場所の近くのカフェで準備と時間調整をしていた時にふとWatchに目をやると「浮いとるやんけ!!」という状況でした。

どうなったか

無償での修理となりました。

さて、アメリカなどではこの問題はAppleの認識するところとなっております。

通常はApple Careなどなしで通常保証期間1年のところを、3年にしてくれるということです。

巷では「日本向けAppleWtachは対象外」などという記事なども見かけましたが、結論から言うと9月11日現在では、「初代Apple Watchは入から3年間の保証に延長になっているので、無償修理します」とのことです。

私が実際にAppleのサポートに電話して、その結果いただいた回答なので、間違い無いと思います。

と言うわけで修理依頼をして、先ほどヤマト運輸の方がWatchを引き取りに来てくれました。

サポートへの連絡方法

目的はAppleのサポートに連絡して直接話すことです。
その会話の中で無償修理であることを確認し、間違いなくその手続きがされることが大事です。

私の場合は非常にビビりなので、仮に公式に見解が出されても、実際にサポートを経由してその事実確認し、サポートの手によってその手続きがなされないと安心できません。

さて、最初にApple Watchのシリアルナンバーを控えておいてください。
シリアルナンバーの調べ方は、以下に書いてありますので参考にしてください。

〜シリアルナンバーの確認方法〜

Appleの公式サイトに接続しましょう。

そこの右上のメニューのところのサポートをクリックします。

「修理サービスオプションを見る」を選択します。

下の方にある「修理を申し込む」をクリックすると、「何についてのサポートを希望しているか」を聞かれるので、Apple Watchえお選択します。

こんな選択肢が出るので、「物理的な損傷」を選びます。

お次は左上の「加湿や事故による損傷、または物理的な損傷」を選択。

そうするとようやく「どのサポート方法をご希望ですか」と聞かれます。

「今すぐアドバイザーと話がしたい」を選びます。

ここで製品のシリアルNoが必要になりますので、先ほど控えておいたシリアルNoを入力してください。

この画面にある「シリアル番号の確認方法を表示する」を選んでも、クソの役にも立たない情報しか出て来ませんので気をつけてください。

内容は、「Apple Watch で、「設定」>「一般」>「情報」の順にタップして下にスクロールします。」というもの。

故障してんだから電源つかないのに見られるわけないじゃんかバ〜〜カと言う話です。

したがって、冒頭で出した確認方法で確認してください。

ちなみに私はiPhoneから確認しました。

まずはで囲ったところを見てください。

テクニカルサポートサービス保証共に終了しています。
しかし今回は特殊な例、いわゆるリコールみたいなものですので、気にしません。

次にで囲ったところを見てください。
怖いっすね。
3000円ってあなた、いきなりステーキてどれなりに食べられる金額です。

でも、「場合がございます」ですから、今回のようにAppleが不具合として認めているケースはかからないはずです。

と言うわけで勇気を振り絞ってクリック。

そうすると「姓、名、メールアドレス、電話番号」を入力する欄が現れるので、そこに記入して、「続ける」と言うボタンを押します。

そうするとメールがサポートに発射されて、すぐにサポートから記載した電話番号に電話がきます。

タイミング的に良かったのかわかりませんが、2分も待たず、発車した3秒後くらいに電話が来たのマジでビビりました。

サポートとの会話内容

まずは具体的な症状を聞かれました。

私は「Watchの画面が下部が浮いている状況です。サポートのコミュニティなどで話題になっていたバッテリーの膨張によるものだと思ったので連絡させていただきました」と言いました。

その後に発生状況、現在どうなっているかなどの確認の後、シリアルナンバーから購入時期を先方が確認し、購入から3年以内である確認が取れたので、無償修理しますと言う運びになりました

この間に一つ作業が発生しましたが、先にやっておくと良いでしょう。
後述します。

ヤマト運輸の集荷手続きのために、空いている日付と時間帯を確認され、希望日時を伝えて終了です。

非常にスムースで手際の良い運びであったと思います。

ちなみに修理には5営業日ほどかかるとのことなので、おそらく1週間ちょっとで戻ってくるでしょう。

サポートに連絡する前にしておくべきこと

・シリアルナンバーの確認

先述のようにこちらで確認しておいてください。

・「iPhoneを探す」の状態を解除しておく。

Apple Watchも探すアプリで探せますが、この機能を解除しておきましょう。
これが電話中に行った作業です。

解除方法は、「iPhoneを探す」アプリで、Watchが表示されていると思うので、それを左にスライドさせて「削除」でいけるはずです。

以上の2点を行なっておくとスムースに進むと思います。

結果

とりあえず無償での修理が可能となり、無事に回収されました。

しかしAppleに着いて、水濡れや画面の割れなどが確認できた場合、無償修理の対象じゃ無くなるかもしれないとのことなので油断はできません

スポーツなどで活用していたので、汗などで水濡れ状態なっていないか心配です。

とりあえず何かしらリアクションがあった時点でまた報告したいと思います。

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください