Appleで新品交換したiPhoneは本当の意味で新品じゃない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

何か初期不良等で、Apple Careなどのサービスを利用した時に、「新品に交換しますよ」ってんで交換してもらったことがある人も多いかと思います。

いや〜新品に交換してもらって良かった〜、ナイス対応!

って思うかもしれませんが、実はiPhoneにおいては完全にまっさらな新品ではない場合があるのです

意外とご存知ない方も多いようです。

さて、どういうことでしょうか。

スポンサーリンク
336×280広告

交換用新品というものが存在する

一般的に売り出している製品はまさに新品なのですが、交換の場合ですと、交換専用の新品が用意されているのです

これから出荷しますよ〜って新品ではなく、新品交換するために造られた新品?なのです。

もちろん本当の意味での新品がくることだってあります

必ず交換用新品がくるわけじゃないです。

交換用新品はどう違うのか?

さて、交換用の新品と、お店で売っている新品は何が違うのでしょうか。

違いは使っている部品です。

交換用のiPhoneは、工場、あるいは生産ラインが別です。

ここで使われている部品は完全な新品もありますが、リサイクル部品も含まれているんです。

要するに、一度製品として組み立てられて出荷されたけど、何かで戻ってきて、まだまだ問題なく使える部品も含まれているってことです。

例えばネジとか、何かに組み込まれている小さな部品とか、もしかしたら基盤かもしれません。

何にリサイクル品が使われて、どれくらい使われているかはそれぞれ異なってきます。

最悪のケースだと全部リサイクル品ってこともあるかもしれませんね。

交換用新品の見分け方

この交換用新品の見分け方ですが、結構簡単に見分けられます。

まずは「設定」アプリから「一般」を選択します

次に「情報」を開いてください

そうすると「モデル」って項目があると思います。

ここの欄をみてください。

sinpin

解りやすいように画像を載せてみました。

赤で囲まれている部分ですね。

ここのモデルナンバーの頭がMで始まれば新品、Nで始まれば交換用です。

交換用だと何か不都合ある?

特にないでしょう

Appleも新品と同等品だとしていますので、それを信じるしかないです。

気分的な問題は個人差がはありますが、気になっちゃう人もいるでしょうね。

ただ、ちょっと気をつけた方が良いのは中古で下取りしてもらう場合です。

買取してもらうお店によっては交換用新品だと、本当の新品よりもそもそもの買取価格設定を安くしてくるところもあるので、下取りしてもらう場合は少し注意が必要かもしれません。

スポンサーリンク
336×280広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
336×280広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です