たけしの挑戦状

たけしの挑戦状

メーカータイトー
ジャンルADV&ACT
発売日1986/12/10
定価5,300円
今やって面白いか(10点満点)3点
スポンサーリンク

操作方法

十字キー左右移動 / 下でしゃがむ / 入り口や街の端などで上を押すと中に入るor移動 /
スタートポーズ
セレクトサブ画面表示
A攻撃
Bジャンプ / しゃがんでからジャンプで高いジャンプ

※2コントローラーのマイクも使用します

どんなゲーム?

ビートたけしがプロデュースしたあまりにも前衛的すぎるゲーム。
世間ではクソゲーという評価がある程度定着しているが、クソゲーというよりもバカゲーの部類に入るだろう。おそらく意図しての難解さや理不尽さのはずだから。

主人公の設定は、妻と2人の息子を持つうだつの上がらないサラリーマンで、趣味はパチンコと飲酒で、口が悪く暴力的という感じ。
ゲーム内では明示されないが、流れ上は偶然手に入れた宝の地図を手に入れ、それを探しに行くというストーリーっぽい。

ゲームはサイドビューの横スクロールアクションだが、ストーリーはアドベンチャー形式になっている。
街の中はかなり物騒で、一般人に混じってヤクザが歩き回りいきなり殴られたりもする。
飲み屋ややパチンコ屋などもある、かなりうらぶれた雰囲気。
パチンコ屋に入ってパチンコしたりカルチャーセンターで習い事したり、バーでお酒飲んだりヤクザぶっとばしたり……。

主人公はBボタンで攻撃をすることができ、街中を歩いている一般人も自分の子供もとにかく殴り倒してお金をまきあげることができる。

とにかくお金が大事で、酒を飲むにもどこかへ出かけるにもお金が必要なので、無駄遣いをしちゃいけない。

しかも常識的なプレイをしていては決して謎は解けないので、かなり破天荒な選択肢が必要だったりする。かと言って意味不明な選択肢をただ選べば良いわけでもない。と言うか、意味不明な選択肢が多い中でも特定のものを選ばなければならなかったりと、とにかくはちゃめちゃな内容。
おそらく攻略本などの攻略情報がなければクリア不可能だろう。

サブ画面で「おわる」を選ぶとパスワードが表示される。表示されたパスワードをタイトル画面から右に行った「こんてぃにゅうや」で入力すると、続きからプレイできる。

発売当初はクソで時間が経ってバカ更に経って伝説

このゲームはプレイしたことがない人でも名前くらいは知っているというレベルに達している。
もちろんあのビートたけしこと北野武がプロデュースしたというバリューもあるが、やはりその前衛的すぎる内容故だろう。

当時ビートたけし自体がもう前衛的すぎていた。確かこのソフトの発売日前日に、かの有名なフライデー襲撃事件が起きていたのだ。このお陰で予定されていたCMなどはなくなったが、そんなCMよりも事件の方が圧倒的に良いCMになったかもしれない。
しかも襲撃というこのゲームに死ぬほど似つかわしい内容だ。

とにかく発売からしてはちゃめちゃな展開で無茶苦茶なゲームである。当時小学生だった私は襲撃事件の意味もよくわからず、ゲームの意味もよくわからず、加藤くんがなぜこれを買ったのかもよく意味がわからず、発売してすぐなのに加藤くんが貸してくれた意味もわからず、親がなぜ「こんなゲームやめなさい!」と怒ったのかもわからず、とにかく途方にくれた。
なんせ当時の私はタイトル画面から進むのにすら10分程かかっていたし。
発売当時としては完全にクソゲーだった。

しかし数年もするとそのあまりに突き抜けたバカバカしさが受け入れられる様になったのか、世間での評価はクソゲーからバカゲーに変化した。そのバカバカしさを楽しむ様になり、攻略法も知れ渡って、楽しみ方のベクトルを変えることによってクソがバカになったのだ。

さらに時を重ねて現在ではもはや伝説となり、当時からは考えられないほどの暖かい目で受け入れられるようになった。昔から今に至るまでずっとクソゲーな作品と、バカゲーに変化し受け入れられるゲームの違いは、どれだけ突き抜けるかなのかもしれない。

裏技

コンティニュー

死んだらゲームオーバー画面になる前にAとBを同時3回押すと、ライフが4の状態で復活。

敵がどっかの原住民みたいなのばかりのひたんぼ島のどこかっぽいステージ

パスワードを全て「い」と入力する。

いきなりひたんぼ島

パスワードを「すきすきすきすきすき すきすきすきすきやき」と入力すると、ひたんぼ島からスタートできる。
その上銀行に行って植木の前でしゃがむと、アメリカドルが手に入る。
しかしクリアに必須のハンググライダーの資格がないので、結局詰む。

※画像引用元 :©️タイトー

コメント