魔界村

1986年

魔界村

メーカーカプコン
ジャンルACT
発売日1986/6/13
定価5,500円
今やって面白いか(10点満点)2点
魔界村

魔界村

Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

操作方法

十字キー左右で左右移動/上下でハシゴなどで上り下り/下でしゃがむ
スタートゲームスタート・ポーズ
セレクトタイトル画面でモード選択
Aジャンプ
B攻撃

どんなゲーム?

これも名作の一つとして数えられている、アーケードから移植された有名な横スクロールアクションゲーム。
ファミコン版の方がアーケードよりもかなり難易度が高く、巷では劣化移植と言われている。

ストーリーは、姫と2人でイチャイチャしているところを魔界からの使者に姫を連れ去られた。主人公アーサーは、姫を助けるために立ち上がるというもの。

初期状態では鎧とヤリを装備しており、敵からダメージを受けると鎧が外れ、鎧がない状態でダメージを受けると骨になって死ぬ。武器は新たなものを拾うと、それまでのものと交換になり、それまでのものは失う。

武器は5種類。

ヤリ初期装備。直進して進む。
短剣ヤリと同様に直進するが、弾速はこちらの方が速い。
たいまつ緩い放物線を描いてとび、着弾点で炎上する。
放物線を描いて飛び、敵を貫通する。
十字架極短い射程で直進する。魔王の火の玉以外の攻撃を相殺できる唯一の武器。これがないと魔王を倒せない。

武器を含めたアイテムはツボを持った敵を倒すと手に入る。
アイテムにはカプコンゲームお馴染みの「弥七」や、キングなどがあり、取得するとスカアップ。しかしアーケード版と異なり、取るとカエルになってしまう「偽キング」、残りタイムが減少する「偽弥七」など、マイナスアイテムが追加されいて難易度を上げることに一役買っている。いずれも本物とは色が違うので見分けはつくが、事故って取得してしまうことが多発する。

ステージ1すら難しかった

夏休みにお祖父ちゃんに買ってもらったは良いが、あまりの難易度の高さから、当時の私にはステージ1すらクリアするのが難しかった。
アーケードでは左右いずれかを連打しながら武器を放つことによって、攻撃モーションをキャンセルして攻撃する技があったのだが、ファミコン版ではその技が使えない。
そうなるとステージ1で登場する雑魚キャラのレッドアリーマの攻略が困難になり、これによってステージ1の難易度がアーケードに比較して恐ろしく高くなっている。
私もこのマジックにハマったクチだ。

正直な話、「なんでこれ買ってもらっちゃったんだろう。スターソルジャーにすれば良かった……」が最初の感想だ。
誰かの家に行けば大概スターソルジャーをプレイできたから魔界村を買ってもらったのだが、こんなことならみんなと同じスターソルジャーを買ってもらって、練習していた方がマシだった。
当時はアーケード版をよく知らなかったが、後に家族旅行で行った温泉でプレイしたアーケード版をプレイし、「こんなに面白かったのかよ」とその移植レベルの低さに落胆した。
当時の宣伝文句は「大容量ROM採用!」だったので、しっかりとアーケード版が移植されているはずだった。どうやら移植した会社が悪名高いマイクロニクスとのことなので、なるほど納得だ。

どうでも良いが、城から離れた野っ原で姫とイチャイチャって、もしかして表に出しちゃマズイ関係だったのだろうか。

※画像引用元 :©️カプコン

コメント