ロットロット

1985年

ロットロット

メーカー徳間書店
ジャンルPZL
発売日1985/12/21
定価5,200円
今やって面白いか(10点満点)4点
Lot Lot

Lot Lot

2,980円(06/18 18:55時点)
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

操作方法

十字キー青いカーソルの移動
スタートゲームスタート・ポーズ
セレクトタイトル画面でモード選択
A赤カーソルのある場所と青カーソルのある場所を入れ替える
Bなし

どんなゲーム?

MSXからの移植ゲーム。

落ちてくるボールを「OUT」「0点」「10点」「30点」「50点」のポケットに落とし、なるべく高得点を目指す。
4×4の合計16に区切られた部屋があり、壁がランダムで開閉する。大量のボールが重力に従って落ちてくる。
画面上には青いカーソルと赤いカーソルがあり、プレイヤーが操作できるのは青いカーソル。赤いカーソルは、青いカーソルを移動させた後少しの時間を置いて、自動的に青いカーソルと同じ軌道を動く。
Aボタンを押すと青いカーソルのある部屋と赤いカーソルのある部屋の中身が入れ替わる。
「LOST」と書いてあるポケットに玉が落ちるとゲームオーバー。
この「LOST」の上の部屋の下面には糸が張っており、この部屋に玉が入るとカニが出てきて一定時間後に糸を切断して玉をLOSTポケットに落としてしまう。
カニが出てくる前に玉を別の部屋に移動させる必要がある。

ボールの色は黄や青、緑などがあるが、稀にその中に赤いボールが混じっている時がある。赤いボールは右端には転がっていかず、下にしか落ちないので注意。

とにかく地味にハイスコアを狙うだけのゲーム。

クソゲーなのか?

友達の中ではクソゲー扱いだった。赤いカーソルは青いカーソルの軌道をなぞるだけなので、その動きは予想もコントロールも可能なのだが、とにかくイラつくのだ。自分がカーソルを動かした軌道なのだから文句を言うべきじゃないのかもしれないが、それでも言いたくなる。

「赤いカーソルうざいんだよ!」

池田くんの家で初めてプレイした時に、私たちはそう叫んでいた。
「これクソゲーだよー」と言う言葉とは裏腹に、もうやめようという結論にはならず、なぜかもう一度とプレイしてしまう。
なんだか微妙な魅力があるゲームだった。
大人になると幼少期よりも多少頭も使うようなるのだが、子供の頃に比較して堪え性は無くなっているのか、残念ながら30分ほどで飽きた。

※画像引用元 :©️徳間書店

コメント