けいさんゲーム算数2年

1986年

けいさんゲーム算数2年

メーカー東京書籍
ジャンルETC
発売日1986/4/25
定価4,900円
今やって面白いか(10点満点)2点
けいさんゲーム算数2年

けいさんゲーム算数2年

Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

操作方法

十字キーカーソルの移動/上下で数字の選択、左右で桁の選択/下左右でそれぞれの方を向き、上で進む(たしざん・ひきざん1)
スタートゲームスタート・ポーズ
セレクトタイトル画面でモード選択
A一つ手前に戻る/数字の決定
B一つ手前に戻る/数字の消去

どんなゲーム?

これも「ゲームじゃなくて勉強だよお母さんソフト」。

小学2年生を対象とした計算ゲーム。2年性らしく九九や二桁以上で繰り上がりのある足し算などが学習できる。1年生向けのものよりも多少はゲーム性が上がっている感じはあるが、相変わらず飽きやすく面白味はない。しかも操作性があまり良くないため、誤答しやすい。

ゲームはたしざん・ひきざんが2種類、かけ算2種類の計4種類で、それぞれに1、2と難易度が設定されている。

たしざん・ひきざん1
最初に足し算か引き算を選ぶ。
小さい迷路を進む。宝を見つけると出口が出てくるので、体力がなくなる前に出口に到達するとそのステージはクリア。
戦闘はランダムエンカウントで、出題される問題に正解すれば敵を倒すことができる。間違うとダメージを受けて体力が削られる。
たまに異常なまでのエンカウント率でイライラがマッハになる。
たしざん・ひきざん2

最初に足し算か引き算を選ぶ。
要は全9ホールのゴルフゲーム。打つパワーを左にあるゲージが自動で動くので、適切な位置にきたらAボタンで決めると自動的にペンギンがボールを打つ。
足し算の場合、飛ばした距離の数字を計算して合計を出す。
引き算の場合、合計数が出ていて、そこから飛距離を引く。
グリーンに乗りさえすれば、カップインは自動で行われる。
かけざん1

最初の九九のどの段にするか選択する。
コンベアの上をロボットのパーツが流れてくるので、それが落ちる前に、画面上部に表示されるかけ算を解いて正解を記入して、ロボットを完成させる。
コース1では九九が順番に出るが、コース2では順不同で出る。
かけざん2
縦軸と横軸での組み合わせによるモグラ叩きのようなゲーム。
コース1では上部に式が表示されて楽だが、コース2になると式が表示されないので、組み合わせをみてすぐに答えを書かなければならない。

2年生にもなったらこれは買わないだろう

1年生ならわかるが、2年生になってこれを欲しがる奴はそういないだろう。1年生用ソフトでも言及しているが、やはり祖父母をターゲットとしているんじゃないかと推測。

ゲームとしては、モグラ叩き以外は1年生のゲームよりも少し楽しさがアップしているような気がしないでもない。ただ誤差の範囲程度の差なので、期待しちゃいけない

そんな中で「たしざん・ひきざん1」の迷路ゲームのエンカウント率の高さだけはイラついてたまらない。2歩くらい進めば敵、やっつけたと思って一歩進んだら敵とかが普通にある。2ステージごと迷路のサイズが大きくなるのだが、最大の広さでエンカウント率がバカ高いと、やる気が一気に失われる。

ロボット製造とゴルフゲームは、まあまあ楽しめる。

1時間もプレイしたらもうお腹いっぱいになることは保証する。

※画像引用元 :©️東京書籍

コメント