バード・ウィーク

1986年

バード・ウィーク

メーカー東芝EMI
ジャンルACT
発売日1986/6/3
定価4,900円
今やって面白いか(10点満点)3点
バードウィーク

バードウィーク

Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

操作方法

十字キー上下左右移動
スタートゲームスタート・ポーズ
セレクトタイトル画面でモード選択
Aキノコを落とす
Bなし

どんなゲーム?

巣で待つひな鳥に餌を運び、巣立ちまで育てる一風変わったゲーム。

空を飛んでいる蝶々を捕まえて、リスやワシなどの妨害してくる動物をかわして巣まで運ぶ。一定量のエサを運ぶとひな鳥は巣立っていく。その絵面は天に召されるかのように見えるが、決して昇天ではなく巣立ちである

スタートはひな鳥が2羽いる木の周辺から始まる。
木の周りを蝶々がヒラヒラ舞っているので、それに体当たりすれば捕まえることができる。ただひな鳥がエサを欲しがっていない時に持っていっても食べてくれないので、バタバタと空腹をアピールしだしてから持っていく。

邪魔してくる動物たちは、地面に生えているキノコを採って上空から落としえてぶつけることで、一定時間気絶させることが可能。

2匹のひな鳥を巣立ちさせればそのステージはクリア。

ハヤブサやハチを倒すと画面上部からどんぐりが落ちてきて、それを取ると一定時間無敵になれる。

家族むけのほのぼのゲームらしいが…

一見長閑でほのぼのゲームに見えるが、実はそうでもない。メルヘンチックにヒラヒラ飛んでいる蝶々をとっ捕まえて、子供に喰わせるのだ。さらに自分よりも大型の鳥や凶暴な動物たちが襲ってきて、一つ間違えると自分やひな鳥を喰らう。
弱肉強食のゲームだ。
家族向けにしては少々惨すぎるように感じるが、野生の掟を子供に教えるには良いのかもしれないと言っておく。

何よりもショックなのはひな鳥が巣立った時で、これは当時から話題になっていたが、どう見ても昇天しているようにしか見えないのだ。

確かに昇天しているように見える。

夢中になれて面白いゲームか?と問われると美微妙なのだが、かと言ってつまらないわけでもない。ステージは全部で999面と言う触れ込みだったが実質は36ステージのループで、単調なのが飽きさせる原因だろう。今プレイしても4つもステージをクリアすればもうお腹いっぱいだろう。

※画像引用元 :©️東芝EMI

コメント