当サイトについて

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトはファミコンを始めとしたレトロゲーム紹介サイトです。
私のレトロゲーム趣味は、高校生から大学生くらいの頃なので、もう25年ほどになるでしょうか、今やレトロゲームとして扱われているPS1がまだ現役だった頃からレトロゲーム、主にファミコンなどが好きで、コツコツと収集やプレイをしていました。いつかはデータベース的なものを作成したいな〜なんて思ってたわけです。
そして昨今のレトロゲームブームに便乗して際して、持っている情報等を自己満足的にWEB上に残そうと思うに至ったわけです。
ただの自己満足のため、誰にも需要がないことを理解しつつも、当時の個人的な思い出までも記しておりますが、その辺はご了承ください。

レトロゲームを今やっても面白いかについて

レトロゲームというのは、当人の思い出補正が強く働くものです。子供の頃の思い出の中では非常に面白かったゲームも、大人になってやってみると最初は「おーー!これだこれ!」となっても、徐々に「なんか、飽きてきた……」とか、「なんか違う……」という印象を拭うことができない場合もあります。
これは致し方ありません。グラジュアルな技術の進歩によって段階的にハイレベルなゲームに慣れていった私たちは、気がつかないうちに相当なレベルをゲームに要求するようになっています。特に昨今のゲームに慣れている人は、尚更その感じは強いでしょう。
したがって、当時のゲーム(特に上位互換ゲームがある場合)をもう一度やっても、今現在面白いと思える可能性は低いということですね。
しかしレトロゲームにはゲームの本質が隠れています。美麗なグラフィックじゃなくても、複雑なシステムじゃなくても、人を夢中にして楽しませる要素の本質が詰まっているんです。その本質をみなさんに知っていただきたいです。ただ、もちろん目の肥えた今やっては物足りないのも確かな事実なので、そこは冷静に見るべきです。

今やっても面白いかを独断で決めました

各ゲームソフトの紹介ページに、「今やっても面白いか」を10点満点で点数をつけてみました。これはあくまで私の主観であり、思い出補正を抜いて、シンプルな気持ちで今やってみた感想です。基準は以下です。

いわゆるクソゲー
2〜3あんまり面白くない。また、上位互換があるゲームなど、今やるならもっと新しい同じようなゲームの方が面白い。人気ゲームでもリメイクが良い作品などの元作はこの辺り。
4〜6今やって普通に遊べる。最近では見かけない、当時ならではのゲームなど。
7〜9今やっても面白く遊べる。当時のゲームだからこそ面白い場合など。当時ならでは、かつその中で面白いもの。
10今でも全く色褪せずに超絶面白いと思ったゲーム。